作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

そんなことってあるんだ…(完!)

やっと予約が取れて
人生初の心療内科へ。

 

正直、ありとあらゆる可能性、
最悪の結果も
想定していきました。

完全予約制なので
待合室は数名程度。

 

もっと不眠や食欲不振の人で
どんよりしているのかと予想していたら
全然普通。

 

これ、俺が一番重症じゃん。。。

 

 

まず看護師さんから
みっちり問診(ヒアリング)。

 

次に診察室に呼ばれて
先生からみっちり問診(ヒアリング)。

 

「結論から言いますと…」

 

ご、ごくり…

 

「自律神経の問題から来てると思いますが…」

 

は、はい。。。

 

鬱状態ですが」

 

ですが?

 

鬱病ではないです」

 

???

 

鬱病の人は
 そんなに理路整然としゃべれないし
 冷静に自己分析できないんですよ」

 

!!!

 

男性更年期障害については
当てはまる可能性が高いと思うが
当院では診察できず
泌尿器科自由診療とのこと。
紹介状も書けないとのこと。

 

あとは超プライベートなことなので
詳しくは書きませんし
書けません。

 

ホッとしたと同時に
複雑な気持ち。

 

ゴーシ先生
あれだけ苦しい時間を過ごしたのに
鬱病じゃない。


ということは
本当の鬱病の人は、
もっともっと苦しんでいて
そんな人が100万人以上もいる。

コロナで倍増したというデータも。

 

本当にいろいろと勉強になりました。


そういう人の苦しみが
少しはわかるようになった気がするし
全然わかってないことも分かりました。


そして何より
寝ること。
食べること。
薬を飲んででも
寝ること。
食べること。

 

中途半端な知識で
「薬に依存したくない」
「病院には行きたくない」
とか思わないこと。

 

いろいろ心配をおかけいたしました。

いろいろとありがとうございました。

 

このお話は
これで終わりにします。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)