作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼

講演依頼フォームはコチラ


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

面倒なことはチャッチャとやってしまう

九大退職まで2か月を切り。

最後の大仕事は
同窓会会誌の編集作業。

最後のご奉公とは言え
これが相当に面倒だし
ストレスフル。

 

だけど、
「ずっとやらなきゃ」
と頭の中に残り続けるのも
よりストレスフル。

これ、ツァイガルニク効果と言います。

 

ということで、
(体調不良で家にいる時間が長かったこともあり)
昨日、今日で一気に作業を進めた。

 

慶弔会の会費の徴収も終わり
会計も締め
あとは引き継ぎ作業だけ。

 

今日の午前中は
スキマ時間にJAバンクに行って
入金手続き。
福吉校子連の会計を締め
事業報告書、会計報告書を作成し
LINEで各行政区の子ども会会長さんに報告。

 

本当に疲れたけど
心は一気に軽くなった。

 

面倒なことは
チャッチャとやってしまったほうがいい。

 

そうすれば
いろんな可能性を手にできる
可能性も広がる。

 

学生には、
昔、こんな話をしていた。

 

火曜日の授業で
1週間後締め切りのレポートが
課題として出されたとする。

いつ取り掛かるか。

多くの学生は、前日の月曜日、日曜日。
早い学生でも土曜日。
うん。それがフツー。

だけど月曜日に意中の人から
デートに誘われたらどうする?
デートか単位かは選択しなければならなくなる。

だから、火曜日に課題を課されたら
火曜日にやっちゃう。

そうすれば、単位もデートも両方ゲットできる。

 

面倒なことは
チャッチャとやってしまったほうがいい。
そうすれば
いろんな可能性を手にできる
可能性も広がる。

というのはソウイウコト。

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

ブロック矢印はダサい!

今日(2/6 月)は16:30から
卒論ゼミ。
いよいよ大詰めで、pptをブラッシュアップして
発表練習。

 

4年生の作ったpptを見てて
気が付いたのは…

 

なぜ、ブロック矢印を使いたがるんだろう…

 

本人たちは
分かりやすく展開を説明しているつもりだろうけど
デザイン的に
一気にダサくなる。

 

あれだけ、
「見た目が9割」
って言ってるのに。

 

ちなみに
こんなサイトもある。

 

www.tridge.work

 

で、本人たちは
ダサい、ということにも気づいていないんだろう。

 

そうすると
「センスがないから…」
という言い訳を日本人はしがちだけど
水野学さんに言わせれば

「センスとは、
 集積した知識を基に
 最適化する能力である」。

 

つまり
pptに関する知識の集積が足りない。

 

だから、pptを作る前に
数時間でも
徹底的にわかりやすいデザインのpptや
それを紹介している上記のようなサイトを
眺めまくればいい。

 

いや、そのこともちゃんと教えてる。

「いきなりオリジナルで作るな。
 基本技術をまず学べ。
 真似ろ、パクれ。
 じゃなきゃ、結局、時間が数倍かかる」

 

だけど、やらないんだよなぁ。

 

社会に出て
いつか気づいてくれたらありがたい。

 

www.goshisato1973.info

 

そんな卒論ゼミも
あと数回で終わり。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

2/4(土)夜のビックリ!

ヒゲ、だいぶ伸びた。

 

 

それを見たおとちゃんが
「うわ!パパがおじいちゃんになっちゃった!」
って(笑)

 

 

そうそう、忘れないうちに
書いておこう。

 

4日(土)の夜は
西二組の集まり。

 

会議室に入ろうと思ったら
別のグループに取り囲まれて
ある仕事を引き受けてくれるように
懇願された。

地域の中でお世話になっている恩人ばかり。

断れるシチュエーションではない。。。

 

実際にどうなるかは分からないけど。

 

九大退職後は
1年くらいゆっくり養生したり
修業、リ・スキリングしようと思っていたのに。

 

社会はなかなかゴーシ先生を
休ませてくれない。

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

謝る力、愛情の内在化

『自己正当化の病』と言う本を読んで
「いろんな人の顔を思い出した」
と書いた。

 

子育てに悩んでいる人の話
大学の先生は自己正当化がめっちゃ得意
そもそも…(笑)

 

見極めるポイントの一つは
謝れるかどうか
具体的には
「ごめんなさい」
が言えるかどうかだと思う。

 

自己正当化する人は
自己否定できないので
「ごめんなさい」
が言えない。

人のせいにして
「私は悪くない」
という。
そして、話していると
「いや」「だって」「でも」
と言う言葉が多い。

 

なぜ、自己否定できないかと言えば
自己肯定感が低いから
自分に自信がないから。

自分の非を認めたら
自分が崩れてしまうのだ。
自分の存在意義を
見失ってしまうのだ。

 

じゃぁ、なぜ、自己肯定感が低くなるのか。

それは、ほぼ100%
親の在り方、育て方にあると思う。

  • 親が成果主義。存在やプロセスを重視しない。
  • 親が自己中心的。
  • 養育行動に一貫性がない。
  • 子どもに手間暇かけない。

要するに、
「あなたよりも大事なものがある」
「あなたはこうでなければ価値がない」
という見えないメッセージを
生活の中で発し続けている。

 

もっと、具体的に言えば
ある少年院からのレポートから
少年院に入所している少年少女が、
なぜ、非行に陥ったのか原因を調べた結果、
共通するもの、多いものからピックアップすると…

  1. 幼いときから冷たく放りっぱなし。遊び相手になるとかスキンシップがない。
  2. 欲しいと言ったら何でもすぐ買い与える。がまんさせない。
  3. 子どもの間違いや失敗は理由を問わず叱りとばす。叩くなどの身体的苦痛を与える。
  4. 子どもがどこで誰と何をして遊ぼうが気にかけない。
  5. 兄弟やよその子と比較する。「おまえはバカだ、○○を見習え!」という。
  6. 食卓のだんらんがない。子どもの話を無視する。
  7. 子どもがいいことをしても努力をしてもほめない。
  8. 子どもの前で夫婦げんかする。
  9. お金こそ人生のすべてであるという価値観、態度。
  10. 子どもの前でいろんなことに対する悪口を言う。

 

話を深堀し過ぎたけど
いずれにせよ
見極めるポイントの一つは
「ごめんなさい」
が言えるかどうか。

じゃぁ、自分はどうなのか。

 

悪意なくやっていることばかりなので
基本、謝る必要はないと思っているけど
誰かを傷つけたり、怒らせたなら
ちゃんと謝る。

しかも
「どこが、どう自分に非があったか」
具体的に謝る。

というのは、謝っても
「適当に謝ればいいと思って」
という人もいるし
そもそも、100%どちらかが悪い
とういうことなんかない。

 

そうそう、
スシローペロペロ問題。

私が親なら
全て私に責任があると
顔出しで謝罪会見します。

めちゃくちゃ怖いし
一生を棒に振るし
家族が路頭に迷うかもしれないけれど。

でも、子どもは
「父さんは自分のことを
 ここまで守ろうとしてくれている」
ってわかって、もう、一生バカなことはしないと思う。

逆に、日々の生活のなかで
それがないから
こんなバカなことをしたんだと思う。

 

あ、これ、ゴーシ先生の勝手な想像ね。

 

大事なのは
愛情の内在化。

「あの人を哀しませたくない」
という心。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

 

恵方巻に見る想像力の欠如と言う日本の闇

やっと節分が終わった。

 

FBが豪華な恵方巻の写真であふれ
やっぱり日本はどこかおかしい。

 

連日のスシロー問題。
加害者の少年も、想像力が欠如しているし
それをぶっ叩きまくっている人たちも
想像力が欠如している。

 

同じように、
「豪華な恵方巻をFBにあげ
 それを食べれない人はどう思うだろう」
という想像力は働かないものだろうか。

 

グロテスクな鬼のお面をかぶって
豆まきし、そのグロテスクさが
FBのお友達を不快にさせないか
という想像力は働かないものだろうか。

 

ずっと以前、そんな指摘をFBでしたら
SNSの使い方なんて個人の自由」
「イヤだったら見なければいい」
みたいなコメント。

 

まさに自己正当化。

 

www.goshisato1973.info

 

SNSの使い方なんて個人の自由」
「イヤだったら見なければいい」
それはその通りなのだけれど
push型メディアは、強制的に相手に見せつける。

強制的に嫌な思いをさせちゃうこともある。

だから、私は、pull型メディアである
blogを中心に記事を書いてる。

 

まさに、想像力の欠如。
想像力の欠如という点では
スシロー少年と何ら変わりない。

 

リア充アピール」
「マウンティング」
「みんなやってるのだから自分もやっていい」
「みんな叩いてるのだから自分も叩いていい」

そんな漆黒のうごめくものを
キラキラとした恵方巻の中に感じ
気分のすぐれない一日でした。

 

ゴーシ先生は、恵方巻、食べないんですか?

 

絶対に食べません!

 

www.goshisato1973.info

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

『自己正当化』という病

読書。

すごく納得いったし
いろんな人の顔を思い出した。

現代社会(日本、世界)が抱える問題も
精神分析的に理解できた。

 

 

以下、自分のためのmemo

【自己正当化の3つの動機】

①利得…自分にとって得になる。
②自己愛…自己愛に由来する承認欲求。
③否認…自らの非をすべて否認する。

 

【自己正当化をこじらせる要因】

①強い特権意識…「この子の親なのだから」も特権意識の一つ。
②過去の成功体験…同じ方法で成功した経験が強化される。
③想像力の欠如…相手や周囲に対する想像力の欠如→残酷なことが平気でできる。
④甘い現状認識…現状認識が甘いから自己正当化してしまう。自己正当化するから現状認識が甘くなる。

【ポイント】

  • 痛い目に合うまで自分が悪いと思わない。
  • 「夢追い人」の現実否認。
  • 「暗点化」(scotomisation)…不都合な真実や思い出したくない出来事が意識から抜け落ちる現象。フランスの神経学者、シャルコーが提唱。
  • 暗点化が起きやすいのは、自分には非がないと思っている人、自己愛が強い人。
  • 「例外者」…自分は被害を被ったのだから、特権が与えられてしかるべき。フロイトによる。
  • 「サディスト」…被害者が苦しむ様子をいつまでも見ていたい。

 

  • 「無自覚型のナルシシスト」…①他人の反応に気づかない、②傲慢で攻撃的、③自己陶酔、④注目の的でいたい、⑤送信機はあるが受信機はない、⑥他人の気持ちを傷つけることに鈍感
  • 「下ミュートローゼ」…情緒欠如者。責任転嫁を恥ずかしげもなく平然とやってのける。罪悪感や羞恥心の欠如。凶悪犯に多い。ドイツの精神学者、クルト・シュナイダー提唱。
  •  

【社会的背景】

  • 被害者意識が蔓延
  • 「みんな叩いてるのだから自分も叩いていい」
  • 「自分には責任のないこと」と感じる
  • 「みんなやってるのだから自分もやっていい」
  • 「不安」により正当化
  • 椅子取りゲームの激化
  • 成果主義の重圧

【自分が悪いと思わない人を変えるのは困難】

  • 自己正当化と他責傾向は一体。
  • 常識が通じない人は一定割合で存在。
  • 「攻撃者の同一視」…自分の不安や恐怖、怒りや無力感をかきたてた攻撃者の言動を模倣し、自分が攻撃者になることで、屈辱的な体験を防炎しようとする心理メカニズム。例えば、部活の過激なしごき。親子の間でも起こる。

【対処法】

  • 孤立しないようにする… 自分が悪いと思えない人のせいで迷惑を被っても、相談もできなくなる。
  • 観察眼を養う…自分が悪いと思えない人かどうかを見極める。
  • 距離を置く
  • 闘うのは極力避けるべき
  • 面倒くさいヤツと思われる、好かれる必要はない

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

ルフィが教えてくれたこと

狛江市の強盗殺人事件から
一気に、社会の話題となった
『ルフィ』問題。

 

 

話が進むにつれ
指示役の『ルフィ』は
フィリピンの収容所から
犯罪指示を出していたことが明らかになり。

 

最初は
「収容所から、そんなことができるの?」
と思ったけど
フィリピンでは金さえ払えば
収容所からでも何でもできるらしい、と知る。

 

むしろ、収容所の中にいたほうが安全。

 

それ、JOJO(第5部)のポルポそのまんまじゃん。。。

 

 

そう思った、JOJOファンは多いはず。

 

さて、改めて考えさせられたのは
「幸せ」と「お金」の問題。

 

おそらく彼らは
億以上のお金を持っている。
で、収容所でも
スマホを持ち込んだり、
外出したりと、
自由な生活ができる。

だけど、本当にそれ、幸せ?
って思う。

犯罪によって得たお金は
日本人の彼女が数千万円持って
何度もフィリピンに渡っているらしい。

一方で、フィリピンの彼女は
日本に送還させないために
起訴を続けているとか。

 

それ、愛もクソもないじゃん。
お金と付き合ってるだけじゃん。

 

報道を見た限りでは
VIPルームがあるとはいえ
収容所はクソ汚い。

 

数億円もっていて
そんな生活したいかな?

 

確かにお金がないとできないことはある。
車好きだから、ゲレンデにも乗ってみたいし
ファーストクラスで、
世界各地を旅してみたい。

 

だけど、
今欲しい車は、
デリカ・ミニだったり、ジムニー5ドア。
知らなかった飲食店に行くのも大冒険。

なにより
清潔なお風呂に入り
ふかふかのお布団で眠れることが
どんなに幸せか。
お金を払わずに外出できて
自由に行きたい場所にいけるのが
どんなに幸せか。

会いたい人に自由に会えることが
どんなに幸せか。

 

お金は、幸せを得るための
ちょっとしたパーツではあるけれど
お金を得ること自体は幸せじゃない。

人生の本質は
幸せに生きること。
お金を得ることじゃない。

 

そして、人間の本質は
お金の稼ぎ方、使い方にあらわれる。

少ししか稼げてないけれど
でも、みんなに「ありがとう」と言われて
得たお金で
みんなに「ありがとう」と言われる
使い方をしたい。

 

ルフィには
マンガからでも、フィリピンからでも
いろいろと考えさせられ
教えてもらう。

 



 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)