作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

マツヤーになってしまった。。。

ゴーシ先生は
いわゆる「牛丼チェーン店」には行きません。

おそらく吉野家に行ったのは
人生で1度。

大学院生のころ
助教授の先生(中国人)に
「どうしても食べてみたいから、つきあって」
と言われ、食べましたが
口に合わず(もう少し甘めの味付けがいいと思った記憶)
それ以来、行っていません。

 

牛丼なんて
自分ですき焼き作って
ご飯にぶっかけて食ったほうが美味しい、
が持論。

 

ところが…

 

コロナで外食機会が減り
書斎を離れに追いやられ
一人で食事する機会が増えました。


一人だと料理に
コストもエネルギーも無駄にかかります。

 

そうしていたら
ネットニュースで
松屋のシーフードカレーが絶品」
という記事を見つけ
松屋は自宅から車で15分の所にあるので(加布里店)
テイクアウト購入。

 

これが信じられないくらい美味しかった。

もっと美味しいシーフードカレーはあると思いますが
この値段で、この味!
みたいな。


コスパ最高。

 

松屋がすごいのは
2週間単位くらいで
次々と
新商品を投入してきます。
(で、何かがメニューから消えます)
しかも、最初は「大盛り無料」。

 

これ、リピーターを増やす基本戦略。

 

その戦略にはまり
気が付けば、新製品が出るたびにtry。

 

これまでに食べて
「美味しい!」
コスパすごっ!」
と思ったのは

・シーフードカレー(現在はなし)
・チキンとチーズのラタトゥイユカレー(現在はなし)
・創業カレー
・ごろチキカレー(期間限定だったのに定番化)
豚めし(現在はなし)
豚キムチ丼(現在はなし)
・カットステーキのハッシュドビーフ
・ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼
カルボナーラハンバーグ(現在はなし)

 

等々。


基本、テイクアウトなので
食べてない定番メニューも多く
また、コスパ重視なので
「オリジナルカレギュウ
みたいな組み合わせメニューは注文していません。

 

だから、もっと美味しいと思える
メニューはあると思いますし
あとシュクメルリだったり
シャリアピンソースだったり
ゴーシ先生が知らない
なかなかの変化球もなげてきます。

 

で、今日、通りかかったら
「ミラノ風カツレツ」。

 

 

肉はビックリするほど柔らかい。
ただ、ガツンと美味しいのだけれど
にんにくが効きすぎていて
あと引く感じではない。

正直、全然ミラノっぽくない。
(ミラノに行ったことないけど)

 

そうしたら
明日、17日からは
「洋風ガーリックポークステーキ丼」
が発売されるらしい。

 

 

「ミラノ風カツレツ」
とどう違うんだろう。。。

 

完全に松屋のペースにはまってる。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)