作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

ゴーシ先生が毎日、登校見守りをする意味が、自分でも今日よくわかった

ゴーシ先生が毎日、
登校見守りをする意味が、
自分でも今日よくわかった。

 

登校見守りしていたら
いつもはケラケラ笑って
元気な女の子が
遅刻気味にやってきて
浮かない表情。

 

ここ数日そう。
今日は特にヒドイ。

 

校門まで付き添いましたが
「学校に行きたくない」
と言って、中には入りません。

こんなときは
いろいろ聞かず
だまって付き添う。

 

そうしたら
だんだん話し始めてくれました。

 

「学校に行くのがイヤ」
「朝遊びの時間がイヤ」

 

「頭が痛い」

そっか。
「じゃぁ、保健室行ってもいいし
 お家に帰ってもいいし
 お家まで送るし
 先生にもおいちゃんが伝えとくよ」
と言ったら

 

イヤだ!
だって頭が痛いのウソやもん!

 

そっか~
頭が痛くなくてよかった~

 

と言ったら
もっと元気になって
いろいろ話してくれて
学校に入っていきました。

 

f:id:kab-log:20220302130234j:plain

 

よく
「毎日、大変でしょ。
 交通安全協会の日や
 旗当番の日は
 休まれて結構ですよ」
と言ってくれる人がいますが
毎日、やってるから
子どもたちの変化に気づけるし
子どもからも信じてもらえるんだと思います。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)