作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

今日のゴーシ飯

「ゴーシ先生に質問!」
のコーナーを頑張っていたら
最近、たて続けに
「料理blog、楽しみにしてます!」
の声。
さらには
youtubeでゴーシ飯チャンネル、作ってください!」
の声。

 

わかりました。。。

 

今日(8/22)の昼食、夕食は
ゴーシ先生担当。
おとちゃんに
「お昼ごはん何が食べたい?」
と聞くと
「パスタ!」
と即答。
しかも
「細長い麺々じゃないやつ!」

あ~ペンネとかマカロニとかフジッリね。

 

夜のメニューとのバランスも考え
昼は、マカロニのカルボナーラ風スープパスタ
みたいなものを作ってみることにしました。

 

ベーコン(ソーセージ)、玉ねぎ、しめじを炒め
水を加えて、コンソメを投入。

 

f:id:kab-log:20200822113101j:plain

 

温度を調節しながら
牛乳を投入。
モッツアレラチーズも投入して
塩コショウで味を整えます。

 

f:id:kab-log:20200822113644j:plain


別のフライパンで
超生目玉焼きを作ります。

 

美味しくないカルボナーラ
ダマができてしまい
パスタとの絡みが悪くなる。

 

特に、マカロニは
絡みが悪いはず。

 

じゃ、目玉焼きにして
黄身をつぶして
絡めれば濃厚になるはず
という作戦。

 

f:id:kab-log:20200822123712j:plain

 

それを
パスタの上にのせて
ゴーシ先生流
「マカロニのカルボナーラ風スープパスタ」
の完成。

 

f:id:kab-log:20200822124746j:plain

 

個人的には
フツーのカルボナーラでいいと思うのだけれど
おとちゃんは、大食漢のとらじろうより
食べてました。

 

さて、夕食。

 

サニーに
豚のバックリブが値引きされて売られていたので
2パック購入。

 

にんにくとオリーブオイルと塩コショウで
焼き(この時点で十分美味しいはず)
玉ねぎ、人参を切って十分に炒め
水を少し入れてコンソメで煮て
カットトマト缶を投入。

砂糖、麺つゆ、オレガノ、塩コショウで味を整え。

じっくり煮込みます。

 

f:id:kab-log:20200822102449j:plain

 

完成。

 

f:id:kab-log:20200822180751j:plain

 

ホロホロ、トロトロで
非常に骨離れがよく
子どもたちは箸を捨て
両手でかぶりつきます。

 

f:id:kab-log:20200822182108j:plain

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)