作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


ゴーシ先生のonline salon


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

ゴーシ先生、マゴチも捌けるってよ!

夏フグと呼ばれるほど
美味しいマゴチ。

 

しかし、
例えば、夫が釣って帰ってきて
ヨメに「捌いて」とか言ったら
間違いなくキレられる魚、上位。

 

そんな巨大マゴチを
お隣さんからいただきました。
しかも生きたまま。

 

f:id:kab-log:20211027161034j:plain

 

小学校から帰ってきたトラが一言。
「マゴチやん~
 Tさんにもらったと~?
 パパ~刺し身にして~」

お前、それデフォか…
スゲエな。。。

 

 

 

まずはシメます。
(あばれるので外の流しで)

f:id:kab-log:20211027162639j:plain

 

キッチンばさみで
ヒレをすべて取り
ウロコを取ります。

 

f:id:kab-log:20211027163323j:plain

 

次に
・身(肛門以下の部分をブツ切りにし)
・頭(をはずし)
・腹(から)
・カマ
の部分に分けます。

 

f:id:kab-log:20211027164119j:plain

 

身は3枚に。
(写真撮ってない)

腹も骨を切りながら3枚に。

f:id:kab-log:20211027164728j:plain

 

この両サイドが難しくて
骨の部分と身の部分を切り分けます。

 

f:id:kab-log:20211027165300j:plain

 

結果として
こう分解されます。

 

f:id:kab-log:20211027165624j:plain

 

頭も割ります。

 

f:id:kab-log:20211027170048j:plain

 

骨がある部分(アラ)から
出汁をとります。

 

f:id:kab-log:20211027170141j:plain

 

アクを取りながら
最後に身を取り出すと
最高の黄金スープ。

f:id:kab-log:20211027172641j:plain



これに明日朝、味噌を加えれば絶品に。

 

取り出したアラは
料理酒、砂糖、醤油等々で
アラ炊きに。

 

f:id:kab-log:20211027173802j:plain

 

マゴチのアラ炊きとか
上品な旨味があってマジで美味しいです。

 

さぁ、皮をはいで
刺し身をひきます。

 

身が七色に輝いています。

 

f:id:kab-log:20211027172816j:plain

f:id:kab-log:20211027172820j:plain

 

本当に美味しい。

 

あんまり市場流通してないし
当然、スーパーで、柵(切り身)とか
刺し身とか売ってないし
釣っても捌かないといけないし
この美味しさにたどり着くには
いろんなハードルがあります。

 

そういう意味で
「マゴチやん~
 Tさんにもらったと~?
 パパ~刺し身にして~」
というトラのデフォは
なかなか恐ろしいほどに贅沢なことです。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)