作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

今日のゴーシ飯:巨大鯛料理

昨日、ママ友から
(子どもを預かったお礼として)
小鯛3尾、カワハギ1尾を
いただきました。

 

皮を剥いで
頭を落としたら
立派な肝がでてきました。

 

f:id:kab-log:20201115163956j:plain


煮付けにしようと思っていたのですが
薄造りにして
肝醤油で食べよう。

うひょ~!

 

やばい。
これは、酒がすすむ。

 

f:id:kab-log:20201115165337j:plain

f:id:kab-log:20201115165843j:plain

 

そうしたら、
ピンポンがなり
「料理長、大野さんと分けて食べて~」
とお隣さんが持ってきたのは
60cmを超える巨大鯛。

 

f:id:kab-log:20201115151706j:plain

 

だいたい
料理長と呼ばれるときは
さばくのが難しい魚がとれたとき。 

 

 

大野さんちに行って
「何で食べたい?」
と聞くと
「刺し身がいい」
というので
刺し身まで作ってあげることにしました。

 

まず、頭を落とし
お腹を出し
3枚におろします。

 

 頭をねじ切ることから
タイヘン。

 

60cmを超える鯛なんて
料理と言うより
工事です。

 

f:id:kab-log:20201115154611j:plain

 

で、柵にして
皮目を炙ります。

 

f:id:kab-log:20201115160317j:plain

 

で、刺し身をひいて。

 

f:id:kab-log:20201115161937j:plain

 

加えて
アラでアラ汁を作り
(骨からめっちゃ濃厚なエキスがでました)
大野家におすそ分け。

 

さて、夕食
と思ったら近所の子が
「お父さんとお母さんがまだ帰ってきとらん」
と遊びに来て
ご飯を食べさせました。

 

そうしたら
カワハギの薄造り
肝醤油が美味しいと
爆食い。

 

いや~
のどかだな。
田舎暮らし。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)