作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

JEEP Renegade

知っている人は知っているけど
ゴーシ先生は大の車好き。

 

レンタカーを借りる必要があって
いつもは最安クラスで
フィットとかになるのだけれど
どうせなら
乗ってみたい車に乗ってみようと
今回は、JEEPのレネゲードを借りることにしました。

 

確か、雑誌『best car』で
テリー伊藤さんも絶賛していたレネゲード。

かわいくて、おしゃれです。

f:id:kab-log:20171211164453j:plain

 

対面しただけで
口元がにやけてしまうほどかわいい。

 


かつ、アメリカのクロスオーバー車らしく
武骨でシンプルな内装。

f:id:kab-log:20171211164517j:plain

 

乗り込むだけでワクワクするような車です。

 

実際に走り始めてみると…

 

昔のアメ車のような
乱雑な感じは全くなく
日本車と変わらず
普通に運転できます。

 

ただし、アメリカ車なので
ワイパーとウィンカーの位置が逆で
なんど、晴れているのに
ワイパーを回したことか、、、

 

エンジンは1.4L、ガソリン。

町乗りするには十分なのだけれど
CX5の2.2Lディーゼル
爆発的なトルクになれていると
ちょっと物足りない。

 

高速に乗って
スピードを上げるために踏み込んでも
ちょっと弱い。

 

 

それから
何といっても燃費が悪い。
平均で7.9km/L。
CX5の約半分。

ガンガン、ガソリンがなくなっていくのが分かります。

 

それから、
ディスプレイが小さくて見にくい。

 

 

まぁ、そうやってみると
日本車って、本当によくできてると思います。

 

次買い替えるとしても
レネゲードは買いません。

 

やっぱりCX5が素晴らしすぎる。

 

とはいえ、レネゲードを選ぶ人は
燃費とか
トルクとか
ディスプレイの大きさ
とか気にしないような
車に趣味性を追求する人なのでしょう。

 

そういう人には
最高の一台です。

 

確かに、駐車場で
レネゲードを探し
それに乗り込む高揚感は
ずっとありました。

そういう人には
最高の一台です。


同じJEEPの新しいコンパスも
「いいなぁ」
なんて思っていたのですが
この分では、乗る必要ないかな。

 

f:id:kab-log:20171211165725j:plain

 

今乗ってみたいのは
シトロエンのC3
それから今度発売される
スズキのクロスビー。

 

どこかで、またレンタカー借りる機会ないかなぁ。