作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

田舎移住のフリーライド問題

昨晩は地域の寄り合い。

 

ゴーシ先生は
糸島市(旧二丈町)の
福吉校区の
大入という行政区の
西二組という小部落(小字?)内に住んでいます。

 

大入は、地元民(旧住民)と新住民との
人口構成のバランスが良く
比較的移住しやすい場所だと言われています。

 

西二組は11戸中
新住民が我が家を含め3戸。

 

昨晩は、西二組の寄り合いでした。
テーマは来年の役員決め。

 

評議員、連絡員、交通安全協会とか。

 

ちなみにゴーシ先生は
今年度、連絡員で
・月2回の市政だより等の配布
・4月の花見の企画、運営(今年度はコロナで中止)
・(亡くなった場合の)通夜、葬式の仕切り
・その他、緊急の連絡
等が主な仕事です。

来年度の役員ぎめ
一瞬で決まりました。


ホント、西二組は和気藹々としていて
いい地域です。
いいところに移住してきました。

 

他は、役員が決まらないといいます。
新住民が多くて
新住民が役員の順番になると
「できない」
「やらない」
「それでもやれと言うならやめる」

 

じゃぁ、移住とかしてくんなよ。

 

確かに地域組織に属しなくても
生活はできるし
何も困らないでしょう。

 

だけどあなたが散歩している浜辺は
みんなでゴミ拾いして
あなたが眺めてる風景は
みんなで草刈りして
あなたの家から流れでている排水の溝は
みんなで掃除して
あなたが写真を撮っている神幸祭
あなたのお子さんが登校する際の地域見守りも
すべてすべて
地域組織が担っています。

 

PTAもいっしょ。

あなたのお子さんが
遊んでいる学校の草取りは
PTAが担っています。
あなたのお子さんが読んでいる
PTA文庫もそう。
地域集会や学年集会で食べてる
お菓子もそう(かもしれません)。

「役員になるのがイヤだから
 PTAには入りません」って。

 

タダでその恩恵に預かる。

 

これをフリーライドといいます。

 

ゴーシ先生
環境経済学とかを学んできたので
自分の都合だけで
平気でフリーライドする人って
めっちゃキライなんだよね。

 

しかも
「それでもやれと言うならやめる」
って脅すとか。

 

じゃぁ、移住とかしてくんなよ。

 

そういう人は
隣の人の顔も知らない都会ぐらしがあってると思います。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)