赤崎牛で大宴会!

『赤崎牛』の赤崎くんが
宴会をやると言うので25日午後、
飯塚市へ。

 

当然、メインは赤崎牛。

 

f:id:kab-log:20210425160912j:plain

f:id:kab-log:20210425165117j:plain

 

ただ、それだけでは
飽きるかなと思い
糸島の魚(ブリと甲イカ)を仕入れて
一路、飯塚へ。

 

農家の集まりかと思っていたら
赤崎牛を卸している
イタリアンや和食店のトップシェフも
参加者にいると言います。

 

…え、俺
和食のトップシェフの前で
魚さばくの????

 

ただ、恥ずかしさなんて
どうでもいいので
(みんなが来る前に)
さばき始めました。

 

ブリをおろし
刺し身を引き
イカの下ごしらえをしているところに
トップシェフ、到着。

 

一人は
今泉の『aga-ri』の
上里克彦さん。

 

tabelog.com

 

一人は
薬院の『ひなかの』の
山田和孝さん。

 

tabelog.com

 

おそるおそる
山田さんに
「甲イカ、刺し身ひいていただけませんか?」
と頼んだら
笑いながら
「え~飲むつもりで来たのに
 仕事するの~」
と言いながら、
一気に本気モード。

 

不十分な下ごしらえを
完璧にしてくれて
一瞬、熱湯につけて氷水で冷やすとか
しそ巻とか
3種類の切り方で
一気の甲イカの盛り合わせを作ってくれました。

 

f:id:kab-log:20210425152251j:plain

f:id:kab-log:20210425152839j:plain

 

すいません。。。
ブリも盛り付け直してもらっていいですか?

 

そしたら、一瞬で、これ。

 

f:id:kab-log:20210425153635j:plain

 

「左上の山から
 右下の海に水がZ字に流れるように
 盛り付けるのが基本です」
とか教えてくれて。

 

「あ、イカゲソ
 もったいないですね。
 なめろうでも作りますか」
と味噌、大吟醸酒粕、大葉等を合わせて
まな板料理で「甲イカなめろう」。

 

f:id:kab-log:20210425155438j:plain

 

これが酒のアテとして
抜群に美味しかった。

 

飲みながら
一気に仲良くなりました。

 

というか、弟子入り。

 

宴会の最後には
寿司の握り方もマンツーマンで教えて頂きました。

我ながら上達しました。

 

本当に大感謝。
出会いに感謝。

 

 

上里さんは
最高級の赤崎牛を
亀甲縛り(笑)

 

f:id:kab-log:20210425150352j:plain

 

人間相手にはやったことないらしい。

 

それを
塩2kg、フワフワに泡立てた卵白、大吟醸酒粕
をあわせて
塩釜焼き。

 

f:id:kab-log:20210425165035j:plain

 

上里さんも「完璧」というほどの
熱の入り具合。
仕上がり。

 

f:id:kab-log:20210425172319j:plain

f:id:kab-log:20210425172544j:plain

 

これを
卵黄ソースや
ウニソースでいただくという
贅沢過ぎる食べ方。

 

信じられないくらいに美味しかった。

 

「自分の店ではぜったいにこんな事できない
 これ、貴族の料理ですよ(笑)」

「塩、2kgとか、うちの店ならどれだけ使うのにかかるか…」
みたいな会話を繰り広げながら
大盛りあがり。

 

 

完熟すぎて出荷できないんです
という最高級のあまおうを
大吟醸にいれて飲んでみたり。

 

f:id:kab-log:20210425150457j:plain

 

トップシェフを前に
トマトのサラダを作ったりしてみたら
お二人とも、キレイ!美味しい!
って喜んで食べてくれて(涙)

 

さすがプロ。

 

人を喜ばす方法を知っている。

 

本当に贅沢過ぎる一日。

 

ということでお返しに
みんなを喜ばせるために
こんなこともやってみました。
(やらされた)

 

f:id:kab-log:20210426161848j:plain

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)