10年ぶりにバンドやって気づく人生の真理

ママ塾のOBの一人が
将来の夢として(老後に備え)
「いつかバンドをやりたい」
と語ったらしい。

 

周りのママ塾仲間が
「そんなのすぐやろうよ!」
って言って
バンドを組み
昨年、すぐにライブやったらしい。
(そのバンドはギターなし)

 

で、調子に乗って
「今年もやろう!」
ということになったらしい。

 

選曲は
ウルフルズの『バンザイ』と
コブクロの『Winding load』。

winding loadはともかく
バンザイはギターの曲。
ギターいないのに
よく、チョイスしたな…。

 

ということで、
「先生、ギター弾いてくれませんか?」
とのリクエスト。

 

基本、ゴーシ先生は
返事は「はい、かyes」だし
特に、生徒さんのリクエストとあれば
断れません。

 

そこそこ練習して
スタジオ入り、音合わせ。


たぶん、スタジオで
エレキ鳴らすのなんて
10年ぶり。

 

練習してなくて
完コピしてなくて
怒られたらどうしよう…
とか思っていたら…

 
当たり前だけど
みんな自分のことに必死で
誰もゴーシ先生のギターなんか
耳に入っていない。

 

これ、人生の真理。

 

そして昔、本気でバンドをやっていた頃は
いかに完璧に弾くかを目指していたけど
47歳になると
いかにテキトーに
楽しく弾くか
でよくなる。

 

テクニックや完成度よりも
もっと大切なことがあると気づく。

 

これも、人生の真理。

 

f:id:kab-log:20210427194455j:plain

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)