作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

政治ネタは書きたくないのですが。。。

安倍元首相の国葬の費用が
2.5億円と発表されて
ニュースのトップを飾っています。

 

死人に鞭打ちたいわけではないけれど。


そして、
メディアや国民に
いろんなアイロニーを込めて。

 

例えば、アベノマスク。
世帯向け布マスクの契約額は、
総額で260億円、
そのうちマスク調達として184億円、
配送費などは76億円。

 

で、そのマスクが余りました。
保管費用は約6億円。

 

配布後に在庫となった
布マスク約8000万枚について、
受け取り希望者を募り配送をし
その費用は5億円。

 

それに比べたら
2.5億円なんて安い。

 

国葬
国民葬
・合同葬
いろんな用語はありますが
基本的にコスト負担の問題らしいです。

 

国葬反対派の人たちは
・あんな政治をやった安倍のために
・なんで私たちの税金を使って
・2.5億円も払わないといけないんだ!
・国民の中には反安倍もいるんだぞ!
ということが論点だと思います。

 

だから100%、自民党が負担すればいい。
自民党の2022年の繰越金は215億9320万円。


繰越金を使うのがもったいないのであれば
2020年の自民党員は113万人。
100万人としても250円の寄付で済む。
足りないなら、クラファンでもすればいい。


たぶん、反対意見は格段に少なくなるし
むしろ自民党員の結束力は高まるはず。

 

ちなみに
桜を見る会』の概算要求はR2で約5700万円。
国葬費用はその5年分。

 

だから
国葬
というと
物議を醸しだすけど
秋桜を見る会」
にすればいいんだと思う。

 

blogを書くために
調べ物をすると本当に勉強になる。

 

個人的には
国葬問題よりも
山際経済再生担当大臣の
涙目会見がめっちゃ気になる。

 

というか
後ろのハリネズミが気になる。

 

 

もう、ハリネズミのことしか
考えてないくらいの放心っぷり。

 

ハリネズミだけに
針の筵だな。
山際さんだけに
土俵際だな。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)