作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

独断と偏見「糸島不動産論」

北海道から糸島に引っ越してきた
という方との会話。

 

糸島のどこに住んでいるんですか?
「荻浦です」

 

なんで、そんな中途半端なとこに…
海もない、山もない、都会でもない…

「物件が見つからなかったんです…」

 

そうね。。。

 

ザ糸島と言えば「旧志摩町」、
サンセットロード沿いだけど
車がないと生活できないし
飲みに行って帰るのがタイヘン。

 

だから筑肥線沿線がおすすめだけど
波多江、筑前前原くらいだったら
もう福岡市内のほうが
全然、便利。

 

南風台、美咲が丘は
いろんな物件があると思いますが
私たちからすれば
「天上人」が暮らす世界。

 

糸島ライフを満喫するなら
「一貴山」以西。
海があって、山がある、田畑もある。
ただ、一貴山は
浜窪の海に少し距離がある。

 

大入のわが家なんか
海まで歩いて3分。
山までも3分。

 

しかし、深江の人に言わせれば
「なんでそんな田舎に住んどると!?」
ってバカにされる(笑)

 

確かに、深江と大入の間は
歩道がなく
自転車や徒歩では移動できません。
断絶されています。
歴史的にも唐津領だった時期もあり
歴史的・文化的にも
断絶(笑)。

イオンに行くにも
伊都イオンより
唐津イオンのほうが断然近い。

 

ただ、深江を越えると
地価が一気に下がります。
大入の最低地価が
たぶん、坪6万円くらい。

 

だけど問題は
アットホームや
スーモなどの大手不動産業では
物件はほとんど出てきません。
優良物件は全く出てきません。

 

今のゴーシ先生なら、
どうやって物件を探すかと問われれば…


①とつやネットを見る(ただし、旧志摩町が中心)

とつやネット〜糸島の田舎物件はおまかせ!〜

 

②深江にある「満生不動産」に行ってみる。

③地元の有力者に相談する。
(大入なら、加茂正彦さん(笑)

 

かな。

 

不便な点もあるけれど
子どもたちは、
毎日、こんな海で遊んでいます。

 




 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)