作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

右・左、保守・革新、民主・専制

いろいろと考えさせられることがあったので
自分のためにまとめておきます。

 

「右」か「左」か。

 

 

そもそも「右」は、保守。
「左」は、革新。

 

現在の日本の政党だと
【右=保守】自民党日本維新の会…等々
【左=革新】共産党、立憲民主…等々

 

また、歴史的に「左」は
社会主義」「共産主義」とほぼ同義で
使われてきたようです。

 

しかし
社会主義」「共産主義」の
象徴であった
ソ連や中国も
自由経済市場経済を導入。
「左」が「社会主義」「共産主義
という意味合いは薄れてきたように思います。

 

そして現在
ロシアや中国は専制国家に。

 

だから、本当は違うのだと思いますが
「右→民主国家」
「左→専制国家」
みたいな感じになっています。

 

で、共産党
ロシアの覇権主義を批判しています。

 

www.jcp.or.jp

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)