作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

ペット用(ジビエ)ジャーキーの売り方を考えた

次回、アイランドシティでの福マルシェのために。

 

www.goshisato1973.info

 

まず、犬を連れた来場者が
めちゃくちゃ多い。

チワワ、ミニチュア・ダックス、柴犬
ポメラニアンミニチュア・シュナウザー
フレンチ・ブル、ゴールデン・レトリバー、等々。

ビックリしたのが
真っ白のボルゾイ2匹。

 

f:id:kab-log:20220403163703j:plain

 

たぶん、犬好きには
たまらない環境です。

 

アイランドシティに
出店するときは
ジャーキー担当として
犬好きボランティアを募集すると
win-winかもしれません。

 

あと、試食を勧めたら
「この子、好き嫌いが激しんで」
「この子、骨はダメなんで」
というケースが結構ありました。

 

そんな感じで
ペットにたどり着く前に
飼い主の時点でシャットダウン。

 

同じことは
串にも言えて
アイランドシティって
移住者が多いハズ。
九州人からすれば
「ハツってめっちゃうまいやん!」
という感覚なのだけれど
セレブ移住者からすれば
「え、ハツ?なにそれ?コワイコワイ」
みたいな。

 

次行くときは
ミニ黒板、チョーク
ダンボール、筆ペン持って
売れまくる本気pop作ります。
(ゴーシ先生の能力、全然、発揮してなかった)

 

本題に戻すと
ペットのご飯
セレブが多いので
高級ペットフードを食べさせていて
「この子、好き嫌いが激しんで」
「この子、骨はダメなんで」
となったのかもしれません。

 

一方、
試食でワンちゃんが夢中になって
ペット用ジャーキー
買ってくれる人は
「一袋550円です」
と言っても
「え!?、安っ!!!」
と言って買ってくれます。

 

ウチのニワトリなんか
数ヶ月で2000円の餌なので
めっちゃ高いと思いますが。

 

アイランドシティで
犬買ってる人って
すごく犬にお金をかけてる。

 

そのうえで反省。

 

「今日の試食はコレ」
という先入観がありました。

江口くんは
焼きに忙しくて
試食の現場なんて
知らないんだから。

 

ゴーシ先生の判断で
商品を一つ開けてでも
骨のないジャーキーを
試食させればよかった。

 

次はそうする。

 

ゴーシ先生と
一緒に営業の勉強したい
犬好きボランティアの方
ご連絡をお待ちしています(本気)。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)