7/31の死生観

7/31という日は
やってくるのが怖くて
待ち構えていたような日。


父、史朗は47歳の7/31に亡くなりました。

 

今の自分の今日が
47歳の7/31。

 

この日、この歳で
親父は亡くなった。

 

若すぎるし
早すぎるし
無念だっただろうと思うし
多くの人に惜しまれただろうと思う。

 

 

でも
その若さで亡くなっても
子ども(自分)は無事に育った。


だから
もし、今、自分が死んだとしても
音稲、虎史朗は大丈夫。
子どもたちは大丈夫。

 

経済的には
生命保険や遺族年金や
住宅ローンのことを考えたら
ヨメからすれば
死んだほうがいいと思ってるはず。
(世の夫は、大抵そう思われている)
 

 

おふくろのことは気になるけど
親父よりも
1日でも長く生きるという
親孝行もできた。
これから先の人生は
すべて親孝行でしかない(笑)

 

もし、
「死んだらダメ!」
と言ってくれる人がいるのだとしたら
それはとてもありがたいことだし
それは47年間
生きてきた証。

 

 

自分の中では
47歳の7/31に
自分も死ぬんじゃないか
という根拠のない、意味のない恐怖心があって
でも、逆に
ここから先はボーナスでしかないとも思う。

 

いつ死んでもいいように
日一日を全力で
目の前の人を幸せにして生きていく。

 

 

f:id:kab-log:20210731134314j:plain




もうちょっと
よろしくおねがいします。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)