告白と想い②

いじめや暴力は絶対に許されません。
悪口も無視も絶対に許されません。
ネット上でもそうです。

 

いじめの現場では
①加害者
②被害者
の立場が存在し
加えて
③(現場に居合わせながら)見て見ぬ振りをしている人
が存在します。

 

「③も①と同罪だよ」
というふうに教えられています。

 

自分の子どもにどうなってほしいか
どの立場でいてほしいか
と問われたら
①も②も③もイヤです。

 

そして、最近は
④匿名でネット上で叩きまくって社会的に抹殺する人
が現れました。


自分の子どもにどうなってほしいか
どの立場でいてほしいか
と問われたら
④も絶対にイヤです。

 


①は
糾弾され、反省したり罪を償ったりする機会を
与えられるのでしょうが
④は反省もしていないはずだし
むしろ
「自分たちの力でイジメ加害者を社会から追放した」
と勝ち誇っている感覚の人もいる可能性があります。

 

そう考えれば
自分の子どもにどうなってほしいか
どの立場でいてほしいか
と問われたら
④は①よりもイヤです。

 

 

f:id:kab-log:20210721063025j:plain

あ、これは
ジャングルポケットの斎藤さんですよ。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)