「糸島市小学校PTA連合会 会長・校長会」で考えたこと

4/22(木)は19:00から
糸島市小学校PTA連合会 会長・校長会」
でした。

 

冒頭、新会長挨拶で
こんな話をしました。

 

本日は、お忙しい中
お集まり頂きありがとうございます。
今年度、承認をいただければ
新会長を引き受けさせていただきます
佐藤剛史です。
よろしくおねがいします。
さて、M校長より
「コロナ禍で、会長・校長会は
 いかがいたしましょう?」
との相談を受けました。
「やりましょう。
 責任は私がとります」
と決断しました。
理由は3つです。
1つ目。
やらないのは簡単です。
だけど「やる工夫をする」のが
糸島の子どもたちに見せる
大人の背中でしょう。
2つ目。
お配りしている資料のとおり
糸島市小P連の年間予算規模は
130万円もあります。
コロナだからといって
2年連続、総会を開かないというのは
やはり問題だと思います。
3つ目は、私の個人的な思いです。
「懇親会がないなら
 総会はいらんやろ」
みたいな声を実際に聞きましたし
そんな雰囲気を感じます。
しかし、税金が注ぎ込まれていますし
規約にもちゃんと書かれています。
大人なら、懇親会がなくても
ちゃんとやりましょう。
やらなくていいなら
もうやめましょう。
(会場、苦笑い)
ということで、今日は
私の責任でお集まり頂きました。
この1年、糸島の子どもたちの
学び、育ち、未来のため
全力をつくしますので
よろしくおねがいします。
(会場、大拍手)


これ、原稿を準備せず、
アドリブで話しました。

 

雰囲気は熱い感じになり
「さすが、ゴーシ先生」
とか自分で思っていたのですが
その後が地獄。

 

R2年度活動報告について…
「コロナのため、何もできていません」
では質問、意見はありますか?
…ないようなので、
次にR2年度決算報告について…

みたいな感じで
一瞬で、協議事項が片付いていきます。

 

本来なら、会議が早く終わるって
嬉しいことなのですが
コチラはハラハラ。

 

というのは
糸島は広いので
例えば、桜野小学校から
西の端の
福吉小学校に来てもらおうと思えば
片道40分かかるのです。

結局、会議は
15分で終わりました。

 

40分かけて来てもらって
15分で会議が終わって
40分かけて帰ってもらう。

「私の責任で」
とか、リーダーっぽく格好つけながら
どれだけの人の時間を奪ってしまったんだろう…
これは、やってよかったのか?

と、内省していたら
会議終了後
ある校長先生が
「校長集合!」
と声をかけ
円陣を組んで会議。

 

f:id:kab-log:20210422192656j:plain

 

お見送りをしようと
玄関に立っていたら
円陣会議が終わったM校長がやってきて
「今日は本当にありがとうございました」
とのこと。

 

いやいや
たった15分の会議のために
多くの人たちの時間を使わせてしまい…

と言ったら
「コロナのせいで
 校長が集まることも
 憚られていて
 久しぶりに集まることができました。
 実は、18:00に集まってもらい
 事前に話し合いもしていたのです。
 会長(ゴーシ先生)の決断のおかげで
 こういう場がもてました。
 本当にありがとうございました」

あ~救われた~

と思いながら
玄関でお見送りしていると
いろんな校長先生が
「〇〇校時代に、講演でお世話になりました
 その節は本当にお世話になりました」
と声をかけてくれました。


思い返せば
糸島に引っ越してきて
しばらく
『糸島の学校からの講演依頼は
 ダダでも引き受けます!』
みたいなことを
やっていたので
ほとんどの学校にお伺いしたのです。

その当時の先生方が
校長先生になって
こうやって
ご挨拶を頂きました。

 クレジット(信頼)って大事。

 


とかいろんなことを考えさせられた
会長・校長会でした。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)