作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼

講演依頼フォームはコチラ


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

大阪万博に見るプロモーション戦略の紙一重のしたたかさ

大阪万博2025。

2020年8月3日~11日まで
ロゴマーク投票が行われ
8月25日にロゴマーク決定。

「怖い」、「気持ち悪い」の声が上がるも
SNS大喜利状態に。

 

例えば…

news.biglobe.ne.jp

まだ、これはあくまでもロゴ。

2022年03月22日には公式キャラクター発表。

「待って、謎の生物から明確に人を襲うタイプの生物に進化してない?」
「異形のいのちの輝きくんが、さらに進化したバケモノになった」
などと、SNS上で困惑と驚きの声。

 

またもや大喜利状態に。

mobile.twitter.com

 

2022/7/18に
公式キャラクターの名前が
「ミャクミャク」に決定。

 

「いのちの輝き君じゃなかったの!?」
という驚きの声とともに
またもや大喜利状態に。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

 

 

いろんな意見はあると思いますが
東京五輪の諸問題のネガティブさとは異なり
ある意味、ネタ化されている盛り上がり。

プロデユーサーがここまで、
読み切っていたとしたら
本当にすごいと思う。

 

糸島に引っ越してきてすぐ
『福吉walker』
という情報冊子を作成しました。

 

 

今読み返しても
なかなかのクオリティで
「これ、ボランティアでやったのか!」
と思うと大したものです。

 

しかし、市役所からstop。

「角川からクレームが来たらどうするんですか!
 九州walkerでは糸島特集とかシていただいているのに」

 

一流企業が
九州の小さな地域活性化の取り組みに
本気でクレーム入れてきたら
大したもんだともいますよ。
全国ニュースになるかも。
それだけで広告効果数千万以上(笑)

 

と言っても
市役所職員からはNG。
創刊号だけで発刊ストップ。

 

同じようなネタですが
南風台のメインストリートの愛称を決めたいとのこと。
私は
「1号線」
を提案。
そうすると市役所職員は
国道1号線とか県道1号線とかと勘違いするからと
国や県に怒られます。。。

 


それで全国ニュースになったら
それだけで広告効果数千万以上(笑)

結局「みなにこ通り」という無難な愛称になって
ローカルニュースにも取り上げられず。
たぶん、
「みなにこ通りのヌルボンがさ…」
なんて誰も言っておらず
「南風のヌルボンがさ…」
って言っている。

 

つまり、定着もしてなく
効果も価値も非常に薄く
税金の無駄遣い。

 

その点、大阪万博
ロゴ、キャラクターデザイン、キャラクター名
は賛否両論ありながらも
ネット上をバズらせ、認知度を高め
B/Cは非常に高いはず。

 

このシナリオをすべて描いている人がいるとしたら
本当にすごい。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)