『ボヘミアン・ラプソディ』

大学時代、バンドやってた頃から
QUEENは興味なかった。
むしろ好きではなかった。

 

オペラ調の楽曲
フレディーのタイツ
ヒゲ
(偏見の強かった当時は)
ゲイであり、
エイズで亡くなったこと。

 

ボヘミアン・ラプソディ
が大ヒットして
一応、ロックンローラーとして
見とかんといかんやろう
と思っていたのですが
上映時間に合わせて、映画館に行く
という時間をコントロールされている感がキライなので
(同じように、いくら大好きでも
 ミスチルでもサザンでも、LIVEには絶対に行かない)
結局、見ずじまい。

 

そうしたらDVDが発売されたということで
amazonで即買い。

 

届いたので
ヨメ・子がいないことをいいことに
午前中から
酒を飲みながら鑑賞。

 

f:id:kab-log:20190502093141j:plain

 

泣いてしまった(笑)

 

オペラ調の楽曲の意味もわかったし
QUEENに対する見方が180度変わった。

 

そして考えさせられた。

 

個性とはなにか。
孤独とはなにか。
才能とはなにか。
友情とはなにか。
愛情とはなにか。
つながりとはなにか。
人生で何を大切にするのか。
誰を信じるのか。

そして
親に認められ
親を乗り越えていかなければ
その先にある
友情にも
愛情にも
たどり着けないのだということ。 

 

本当のライブエイドでも
(家族に)キスしてる。


Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13

 

毎朝8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓