生き地獄とは何か?③

セックスレスでホルモンバランスが崩れ
体調を壊し、頭痛がひどい
という話を聞きました。

 

じゃか、彼氏でも作ればいいじゃん
と提案したら
「そんなことできません!」
とのこと。

 

この問題を
法律的な面から考えてみます。

 

「そんなことできません!」
の理由は
モラルの問題と
離婚の可能性の問題でしょう。

 

つまり、自分が不貞行為を犯せば
離婚に至る可能性がある
ということでしょう。

 

前提として
日本の離婚の9割は協議離婚です。
話し合いで決まります。
協議離婚が成立しない場合に
調停離婚、裁判離婚と進んでいき
裁判離婚は1%以下。

 

で、その裁判離婚が認められるケースの
法定離婚事由に該当する5つの原因が

①不貞行為
②悪意の違棄
③配偶者の生死が3年以上明らかでない
④強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由

です。

 

①の不貞行為については、
パートナーが不倫した場合であって
自分が不倫したのに
「離婚したい」というのは認められていません。
(協議離婚の場合はOKです)

 

②の「悪意の遺棄」は言葉的にわかりにくいのですが
生活的、経済的な協力がないこと。
具体的には

  • 配偶者に生活費を渡さない

  • 理由も無い同居拒否

  • 頻繁に家出を繰り返す

  • 配偶者を虐待して追い出す

  • 浮気相手のところで生活

  • 姑との折り合いが悪く実家に帰ったまま帰ってこない

  • 健康な夫が働こうとしない

  • 一方が全く家事を手伝おうとしない

とのこと。

 

問題はセックスレスです。

これは、
「⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由」
に該当する可能性があります。

婚姻を継続し難い重大な事由と認められるケース
として挙げられるのが

  • 長期間の別居生活をしている
  • DV・モラハラ
  • 薬に依存している
  • 異常なくらい宗教活動をしている
  • 日常生活が送れないくらいの浪費癖(ギャンブル・借金)
  • 性の相性が合わない(セックスレスなど)
  • 犯罪をして服役している

とのこと。

 

つまり
セックスレス
裁判離婚の事由の一つになる
可能性があるということ。

 

あくまでも
裁判離婚の話です。

でも、何がいいたいかと言うと
7人子育てのY・Sさんが言ってましたが
「妻が求めてるんだったら
 夫としての責任果たしてないじゃん」
「ほかですればいい。
 夫は文句言う権利ない」

 

そのとおりです。

 

つまり、
裁判離婚の事由にまで至るセックスレス状態。

 


しかし、離婚はしたくない。

 

のだとしたら
「性欲は、外で解消していい」
くらいは、権利として
認めるべきだと個人的には思います。

 

だって、結婚して
セックスレスになって
性欲という基本欲求が満たされないなんて
基本的人権の侵害の一つだと思いますが。

 

一生、生き地獄で生きたいの?
って話。 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)