悪いのは、ミスチルということにしておこう

大学の授業が終わって帰途、
加布里湾に天使の梯子がかかっていました。

 

f:id:kab-log:20201208155518j:plain

 

車の中で、ミスチルの曲を聞いていたこともあってか
なんかセンチメンタルで
なんか虚しく
なんか世界から置いてけぼりにされているような
気分になりました。

 

日本を股にかけ講演し、
分刻みで、福岡県内、熊本、佐賀、長崎を駆け巡り
大人塾や身の丈起業塾

今となれば、
よくあんなスケジュールで働いてたな
と思うほどだし
コロナが消滅したとしても
あの働き方はもうしない、できないでしょう。

このコロナ禍
仕事があるだけでも幸せです。
定時に仕事から帰るなんて幸せ、
帰りにこんな景色を見れるなんて幸せ。

 

 

だけど、以前のような
一瞬にすべての情熱とエネルギーを
捧げるような生き方が
できていないのも事実。

 

たぶん、志摩の海鮮丼屋
に行ったのがまずかった。

 

「俺、9年前、こんな店作ったんだ」
とか思ってしまった。。。

 

それに、ミスチルの曲が
なんか追い打ちをかけた(笑)

 

まぁ、ゴーシ先生でも、
こんな気分になることはあるということです。 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)