料理名人になろう!

夏休みの子どもの宿題の選択課題に
「料理名人になろう」
というのがあって
1級の課題は「魚料理」と「煮物」。

 

「パパお願いします」ということで、
まずは、かぼちゃと鳥そぼろの煮物。

まずは、堅いカボチャを
切りやすくするため
ラップにくるんでレンジでチン。

f:id:kab-log:20180825133237j:plain

 

その間、
鳥のひき肉を
塩コショウで下味をつけ炒めます。

f:id:kab-log:20180825133811j:plain

 

チンされたカボチャを
2×3cm角に切ります。

f:id:kab-log:20180825134515j:plain

 

鍋にカボチャを入れ
炒めたそぼろを入れ
砂糖、酒、出汁、醤油で煮ます。

アルミで作った、落し蓋をします。

f:id:kab-log:20180825135015j:plain

f:id:kab-log:20180825135332j:plain

 

完成~

味見をします~。

f:id:kab-log:20180825141029j:plain

 

うん。

パパが食べても、完璧な味。

 

次は魚料理。

福ふくの里に行くと
不漁のため銀カマスしか売っていませんでした。

f:id:kab-log:20180825141844j:plain

 

 

まぁ、銀カマスの干物でも作ればいいか。
それも立派な魚料理だし。
と思っていたら
どうしても
「刺身が作りたい」
と言います。

 

分かりました。

 

まず、ペットボトルのふたで
ウロコを取ります。

 

銀カマスとかヤズとか
ウロコの小さな魚は
ウロコとりより
ペットボトルのふたのほうが
goodです。

 

f:id:kab-log:20180825142021j:plain

 

 

頭に両側から切り込みを入れ
骨を折りながら、内臓を抜き取ります。

f:id:kab-log:20180825142508j:plain

f:id:kab-log:20180825142603j:plain

(↑おとちゃんの、真剣な口がカワイイ)

 

三枚におろします。
刃先で骨を感じるのコツ。

f:id:kab-log:20180825143035j:plain

f:id:kab-log:20180825143348j:plain

f:id:kab-log:20180825143415j:plain

 

で、背身と腹身に切り分け
背身は炙ります。

f:id:kab-log:20180825143825j:plain

 

で、刺身をひいていきます。

f:id:kab-log:20180825144008j:plain

 

実は、一番、教えが必要だったのはココ。

つい押さえて切ろうとするので
引きながら
刃全体を使って切ることを徹底しました。

 

f:id:kab-log:20180825144003j:plain

 

引いた分は
味見と言いながら
すべて食べてしまいました(笑)。

 

夕食用にパパが引いた
銀カマスの刺身。

f:id:kab-log:20180825171325j:plain

 

腹身の部分は
塩を振って
冷蔵庫干物にします。

f:id:kab-log:20180825165436j:plain

 

ホント
いつもパパの魚捌きを隣で見ているので
手つきが慣れている。


最近、

「子育てには、背中を見せてくれる
 2人目のパパが必要」
と言うようなことを
立て続けに言われましたが
こういうことなのかな?

 

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓