作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

「つまんないイケメンはサイテー」説

ある人の言葉に考えさせられました。

「つまんないイケメンはサイテー」

 

え、イケメンならいいんじゃない?

 

「いいもん、持ってんだから
 もっと努力しろよ!と思う」

 

な、なるほど。。。

 

つまり、マトリックスで図解すると
こういうことですな。

f:id:kab-log:20201127172420j:plain

 

A領域の「イケメンで魅力的」
は文句なしでしょう。

問題は
B、C、D領域を
どう判断するか。

 

B領域の最たる例は
南海キャンディーズのやまちゃんとか。

 

f:id:kab-log:20201127172827j:plain

 

D領域は、一見、最悪と思われがちですが
「まぁ仕方ないか」とかいうあきらめとか
期待値が低くなるとか
「私がいなければ」
「私が育てれば」という母性とか
「絶対に浮気しない」という安全性とか
いろいろと
くすぐることがあるのかもしれません。

ということは、
やっぱりC領域、サイテーです。

 

「つまんないイケメンはサイテー
 いいもん、持ってんだから
 もっと努力しろよ!と思う」

 

はい。

真理だと思います。

 

じゃ、次の課題は
「男性としてつまんない」ってどういうこと?
という疑問が湧いてきます。。。

 

もっと怖い疑問は
ゴーシ先生、どこ領域?

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)