作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

ロシアよ、うちの子たちを見習いなさい

先日の子ども紛争問題↓

 

www.goshisato1973.info

 

和平交渉したようで
全員がわが家に集合。

 

和気藹々と遊んでる。

 

「庭の文旦を食べていいのか」
と言うので
みんなに協力させて
切らせたり
はちみつに漬けさせたり。

 

なんか、ほんわかモード。

 

はい、教育魂に
火が付きました。
一気にゴーシ先生が
攻め込んでやる。

 

「アイスクリームいる人~」
全員、はい!

 

「ジャンケンして1位から8位まで
 順位をつけてください
 順番に
 (背中に隠して見えないようにして)
 テキトーにアイスを渡します」

 

交換はありですか?
の質問に
「なしです。それが天命です」

そしてジャンケン。
大盛りあがり。
くわえて
アイスを渡すとき
大盛りあがり。
特に、6位の年長さんに
グレープがいったときは
「いいな~!」
の大合唱。

 

f:id:kab-log:20220305142908j:plain



これが、公平、校正です。

 

「で、アイスの袋は
 このゴミ袋に入れてください。
 さらに、この敷地に落ちている
 ゴミを○つ入れてください
 さぁ、誰が早いか」

って言ったら
子どもたち全力でゴミ拾い。

 

f:id:kab-log:20220305143102j:plain

 

で、
「それは、燃えないゴミなのでブー」
「それは、自然にかえるのでブー」
「それ、OK!」
とかやってたら
マジで環境教育になった。

 

最後に
「集合!」
といって

 

「みんなありがとう。
 みんなもウクライナとロシアの問題は
 知ってると思う。
 でもこうやって
 分け合って、力を合わせれば
 みんな幸せになれるよ。
 おいちゃんも
 庭がキレイになってうれしい!
 いいかい、力はこう使うんだよ」



と「我ながらいいこと言った」と思ったら
あまり反応はありませんでした。

 

でも、
「さぁ、思いっきり遊びなさい」
と言ったら
「うわ~い」と言って
畑にかけていきました。
 

たぶん、絶対
みんな、明日も来る。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)