作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

なんで、男の子は穴を掘るのが好きなんやろう?

12日(日)は福吉小学校PTA役員の
新旧顔合わせ会。

 

わが家で牡蠣焼き。

 

わが家でなにかやるときは
基本的に
一品、一本持ち寄り形式。

 

まぁ、田舎の集まりなので
ものすごいごちそうが集まります。

 

漁師さんもいるので
アワビの刺身とか
さざえ、数十個とか(笑)

 

みんな食べ慣れているので
牡蠣は控えめに準備しました。

 

それでも食べきれないので
目先をかえるために
スキレット
アヒージョを作ることに。

 

牡蠣入れよう。
さざえも入れてみよう。
アワビも入れてみよう。

とかやっていたら
絶品!『福吉海の幸アヒージョ』
が完成してしまいました。

f:id:kab-log:20200113113051j:plain

 

あまりの美味しさに
慌てて、バケットを買いに走ったほど。

 

これまで、牡蠣を食べたことがなかった
ある小4女子が、
アヒージョ牡蠣にはまり、爆食い。

 

「この子たち、大学とか
 就職とかで、東京とか出ていって
 おしゃれなイタリアンで
 アヒージョ頼んで、数千円とかして
 冷凍エビとタコが数切れしか入ってなかったら
 え?これだけ?
 アワビ入ってないの?
 牡蠣入ってないの?
 ってなるよね」

「なるなる」

 

で、結局、すべての食材、完食。

 

加えて。

 

田舎の子どもたちは
遊びも本気。

 

「穴、掘っていい~?」
と聞いてきたので
「いいよ~」
と答えたら
アイツら、本気で穴掘りやがった(涙)

 

f:id:kab-log:20200113114347j:plain

 

「 なんで、男の子は穴を掘るのが好きなんやろう?」
と聞いたら
「男だから。ゴーシ先生も穴、好きでしょ?」
って、俺より先にシモネタっ!

 

 

しかも、竹、切り出してきて
本気の落とし穴作って
「ちょっと、こっちきて~」
と、大人を落としにかかる(笑)

(で、落ちてあげる。
 でも、本気で怪我する深さ)

 

 

こんな福吉
子どもたちが、悪く育つはずがない。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓