重枝先生のワーク2「二人羽織タングラム」

重枝先生のワークの2つ目。

 

  • 2人組を作り、一人は前に、もう一人は後ろに座ります。
  • 後ろの人にカードが配られます。
  • 前の人は後ろの人の指示に従い、カードで図形を完成させます。
  • 後ろの人は、前の人が作っている様子を見てはいけません。
  • 後ろの人は「その形、ズバリ」を言ってはいけません。
  • 前の人は質問してはいけません。

 

f:id:kab-log:20210924164155j:plain

 

やってみると
めちゃくちゃ難しかった。

 

こっちは
・一番大きな三角形の直角部分を左上に。
・その右に、大きいほうの台形の短いほうを上底にして…
とか説明しているけど
全くうまくいかない。

 

まず、そもそも
「台形の上底」というワードが
共有できていないのかもしれない。

 

つまり、見えている世界が全く違うということ。

 

多様性、多様化の前提として
相手の見えている世界を知ること。

 

そして本質は
コミュニケーションは
「意味」と「感情」
から成立していて
「意味」だけを伝えようとすると
ストレスが溜まる。

 

そういうワーク。

 

f:id:kab-log:20210925185847j:plain

 

では、
意味があって感情があるコミュニケーション①は
どんなのだろう。

 

意味があって感情がないコミュニケーション②は
どんなのだろう。
ゴーシ先生なら
例えば「仕事の事務連絡」とか。

 

意味がなくて感情があるコミュニケーション③は
どんなのだろう。
ゴーシ先生なら例えば
例えば「LINEのスタンプ」「ママ友の愚痴」とか。

 

意味もなく感情もないコミュニケーション④は
どんなのだろう。
ゴーシ先生なら
例えば「ネットの炎上コメント」とか。

 

つまり、
コミュニケーションをちゃんとしようと思ったら
「意味」と「感情」をちゃんと伝え
ちゃんと受け止めること。

 

このワーク
自分でもやってみたい(パクりたい)と思って
思いついたのが
タングラムを活用すること。

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)