センター試験が怖くなりました

昨日は、大学院入試。

昨年までと全く違うのは「コロナ禍」の中での実施。

 

10日前に、学生係からこんなお達し。

  • 入室前に受験者の検温をする。
  • 発熱が発覚した受験生は受験できない。
  • 体温が37.0度以上の学生が対象。
  • その場合、その受験生は欠席となる。検定料は返金できないが、1月に受験する場合は、検定料は免除することができる。

 

ちょ、ちょっと待ってください。

これを、なんのマニュアルもなく
試験監督の裁量と責任でやらせるんですか?

 

私は、学生係にこんな問い合わせとリクエストをしました。

 

  • 受験生は何時集合ですか?
  • 入室前に、どこに、どのような状態で待機させますか?
  • 何時から検温、入室させますか?
  • 体温計は非接触型を希望します。
  • 接触型の場合、使用のたびに消毒が必要となり、時間がかかる恐れがあります。
  • 特にに発熱者が発覚した場合、相当に時間がかかる恐れがあります。
  • 発熱が発覚した学生に受験させない場合、どのように説明しますか?また、他の学生との距離を保つために、どのようなルートで帰しますか?
  • 発熱者が発覚した場合、試験監督教員が濃厚接触者となる可能性があり、そのまま試験監督業務を続けていいのでしょうか?
  • 等々を含め、農学部全体としての共通マニュアルを作っていただきたい。 

 

結論としては、
体温計は非接触型で
9:30から、検温・入室・手指消毒を開始し
発熱者が出ることもなく
スムーズに試験を開始することができました。

 

試験会場は
机と机の距離を最大限とり
窓もドアも全開にし
(そうすると熱々の外気が入ってくるので)
クーラーも風量MAX。

 

そういうコロナ対策を細々していたら
センター試験が怖くなりました。

 

問題①:試験監督足りるの?

「密」を避けるために、各会場の
試験場入室者数を減らせば
試験場数を増やさなければなりません。
当然、試験監督数も増やさなければなりません。

今回の大学院入試もそうですが
まず、試験監督が相互に検温。
ここで試験監督が37度以上あったり、
体調不良であるならば
試験監督ができません。
つまり、予備の試験監督を準備する必要があるでしょう。
試験監督が相当に必要になるはずです。

 

問題②:入室前の廊下で「密」!

入室前に検温するので受験生は
廊下で待機していましたが
受験生が多く、その廊下で
ソーシャルディスタンスをとれない状態に。

センター試験も試験場の開場時間等が
厳密に決められていて
受験生は、廊下や階段で待機しています。
そこで必ず「密」が生じます。

 

 

問題③:換気、大丈夫?

センター試験は真冬です。
換気するために窓を開けていたら
絶対に寒い。
しかも、室内環境の公平性を保つため
福岡のセンター試験会場では
試験中、暖房を停止します(昨年度までは)。
さすがに、今年度は(窓を開けるとしたら)
暖房をつけるでしょうが
窓際の寒い受験生と
エアコン吹出口に近い暑い受験生と
相当な環境差が生じるはずです。

 

問題④:受験者が咳をし始めたら…

センター試験の監督には
親指ほどの厚さがあるマニュアルが配られます。
そのマニュアルには、例えば
受験者が嘔吐した場合にどうするか、とか
ヒアリングテストの間に騒音が生じたらどうするか、とか。


さて、昨年までは
咳をしたり、鼻水をすすったりする受験者がいても
試験監督として特に対応はせず
他の受験生も
そう気にならなかったはずですが
今年度は違います。
集中できなくなる受験生もでてくるでしょうし
試験監督に対応が求められるでしょう。
でも、私達は感染症予防のプロではありません。
咳をし始めた受験生をちゃんと室外に連れ出せるのか。
そして、部屋に戻り、試験監督業務を再開していいのか。

 

問題⑤:そもそも…

そもそも、国が緊急事態宣言を出し
現在も、緊急事態宣言が出されている
都道府県もあります。
それを受けて、各学校は、現在も
体育祭も中止、
文化祭も中止、
修学旅行も中止…
となっているなかで
センター試験はやるんですか、ちゅー話です。
いろんな高校から受験生が
一つの試験場に入室するので
リスクは、普通の学校生活よりも
相当に高いはずです。

 

まぁ、1月ごろには
どうなっているかは分かりませんが。
もし、センター試験の監督があたったら
と思うとゾッとします。

 

ちなみに。。。

 

大学入試センターは、
令和3年度(2021年度)大学入学者選抜に係る
大学入学共通テスト実施期日と
試験出題教科・科目の出題方法等を発表。

試験実施期日は令和3年1月16日(土)および17日(日)。

新型コロナウイルス感染症対策に伴う、
大学入学者選抜の日程や試験実施上の配慮等により、
学業の遅れを理由に選択できる試験期日として
令和3年1月30日(土)および31日(日)、
特例追試験期日として2月13日(土)および14日(日)が追加された。

 

そういう、対応だけは早いな。。。 

 

っていうか、この段階で
試験監督の負担、すでに3倍近いじゃん。。。

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)