読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学で大人気の先生が語る〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学

6月20日、発売予定、
佐藤剛史の新しい作品。

 

タイトルは…

 

『大学で大人気の先生が語る
 〈失敗〉〈挑戦〉〈成長〉の自立学』

f:id:kab-log:20170218094125j:plain

 

 

 

なんとも挑戦的で自惚れ感(笑)。

何度か書いていますが
本のタイトルは
私は決めません。

 

出版社や書店を回る営業の方に
「売りやすいような」タイトル
を考えてもらっています。


さて。
本当に、こういう瞬間に実感するのが
「半年前の貯金で食べている」。

 

この作品の原稿の執筆に集中していたのが
去年の12月から今年の3月にかけて。
あのときの頑張りのおかげで
この日が迎えられている。

じゃぁ、
6月は本が1冊出版されるから
と言って、胡坐をかいていると
おそらく半年後に食えなくなる。
つまり、アウトプットがなくなる。

 

だから歩みを止めない。
止めたら成長がなくなる。
アウトプットがなくなる。

 

『自立学』の次作は
ある人との共著。

 

この原稿も95%出来上がって
昨日、出版社に送った。
おそらく、近いうちに
企画会議にかけられ
正式に出版が決定するはず。

 

 

今は、次自作の構想を練っている。

「書くことが決まっていない」
というのは本当に苦しい。

 

プロ野球のピッチャーが
「明日、朝起きたら、
 肩が上がらないんじゃないか」
って毎日不安なのと同じ。

「もう、書けないんじゃないか」って。

 

そんな不安と闘いながら
考える。
考え抜く。
もがく。

そうやって
苦しんで、考え抜いて、努力して
その貯金で
半年先の自分は生かされる。

 

未来の自分を信じよう。
過去の自分に感謝しよう。