作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼

講演依頼フォームはコチラ


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

ゴーシ先生は家事を何もしない論①

決めた。

株を下げようが
正直に書く。

 

www.goshisato1973.info

 

わが家の議員様が、外で
「ウチの夫は何もしないことで
 地域でも有名」
と言っているという話が
耳に届きました。

 

書斎が母屋にあったときは
・料理もするし(毎朝、朝ご飯を作っていた時期もあるし)
・ごみ捨てや
・新聞紙の回収(紐でのまとめ作業)
・灯油の購入
・こまめに部屋やキッチンやトイレの掃除
・庭の管理
・地域行事、等々
相当なことをやっていたと自負しています。

 

しかし、
「あんたは何もせん」
と言われるので
「俺くらいやってる男性も珍しい」
と反論すると
「ほかのウチの夫はもっとやってる」
「○○さんの夫はこんなことまで…」
と。
(じゃ、そいつと結婚すればいいじゃん)

 

「いやいや、大学からの給料をすべて家計に入れ
 自分の小遣いや車、ガソリン、税金、子どもたちに必要なお金
 等々は、講演や印税やセミナーですべて賄っている夫なんて
 ほかにおらんやろ」
というと
「金を稼ぐのがどんだけ偉いんか!」
(が、わが家の議員様の口癖)

 

そんなやりとりを18年繰り返し
「じゃぁ、本当に夫が家事をしないということが
 どういう状況か味わってみればいい」

 

いいタイミングで
出馬のために議員様の書斎が必要ということで
書斎を明け渡し
ゴーシ先生は離れへ。

 

とはいえ、議員様活動のため
外出機会も増え
(子どもたちもかわいそうなので)
やっぱり料理はちゃんとやっています)

 

で、聞けば
「うちの夫は料理もしないから
 選挙期間中、周りのお友達に食事をお願いしてた」
と言って回ってるらしい。

 

実態はこう↓

www.goshisato1973.info

 

「そんなこと書いたら
 ゴーシ先生の株を下げますよ」

もう十分下げられてるので
どうでもいいわ。

 

議員様が好きな人は
議員様の言葉を信じていけばいいし
「株が下がってもゴーシ先生のほうが信頼できる」
という人のみ、仲間でいます。

 

 

で、どうなったか。

 

www.goshisato1973.info

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)