作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

この世界の片隅で

今日は熊本大人塾。

f:id:kab-log:20170920190159j:plain

熊本地震以来
「熊本のために自分しかできない
 継続的な支援」
を目標に継続しています。

 

熊本大人塾の目標は
熊本地震は局所的なので)
自己実現できる人を増やし
経済を回していくこと。

参加費は頂くけれど
それを義援金に回し
かつ、熊本で
飲食、宿泊し
熊本経済を回していくこと。

 

 

しかし、今日はなぜかホテルが取れず
熊本大人塾終了後、帰途へ。

 

 

眠さを紛らわすため
DVDを流したら
これ、車で見たらイカンやつでした。

f:id:kab-log:20170919133920j:plain

 

号泣するシーンはないものの
しみじみと涙があふれ続け。。。

 

 

テーマや
メッセージを解説しようとは思いませんが
なによりもまず、
反省しました。

最近の北朝鮮
ミサイル発射や核実験関連の報道を見ていると
「とっとと、空爆でも斬首作戦でも
 決行すればいいじゃん」
なんて気持ちが起きます。

 

 

でも、どんな国にも
罪もない
子どもや女性、国民がいて
みんなそれぞれ
自分の人生において
ご飯を食べ
恋をし、結婚し
結婚しても初恋が忘れられなかったりし、
地域のしがらみにまみれながらも
でも協力し
生活の工夫をし
哀しいことを乗り越え
生きている。

 

「とっとと、空爆でも斬首作戦でも
 決行すればいいじゃん」
なんて思ってしまう自分を
大反省。

 

それにしても
広島弁のすずちゃんが
かわいすぎる。

 


映画『この世界の片隅に』予告編