作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

盆踊り

17日は、葬儀の受付。
(田舎では通夜、葬儀の受付は隣組で行う)

 

喪服を準備していたら
テレビ用の色物のシャツしかなく
朝一で唐津イオンに慌てて買いに。

 

数年ぶりに喪服にそでを通す。
喪服好きな男性は確実に存在するけど
喪服好きな女性はいるのかと不思議に思い
自撮りしてみる(笑)。

f:id:kab-log:20170816130856j:plain

亡くなられたじいちゃんは99歳。
糸島では、そのご長寿にあやかろうと
葬儀なのに「紅白餅」がふるまわれる
という伝統がある。


 

夕方からは、まず吉井下の盆踊りへ。

f:id:kab-log:20170816185200j:plain

子どもが多いので
射的や金魚すくい等の遊びブースも充実している。

 

f:id:kab-log:20170816181002j:plain

食べ物もすべて地元グループで出店。
深江のようにプロのテキ屋は一切なし。

さすが吉井下と思ったのは
漁師町があることもあって
大漁旗の法被や
盆踊りで大漁旗が振られている(笑)

 

f:id:kab-log:20170816191621j:plain

 

20:00からは
地元、大入の盆踊りへ。

f:id:kab-log:20170816203341j:plain

f:id:kab-log:20170816211425j:plain

吉井下に比べたら
本当に質素で地味で人数が少ない。

でも、なんか落ち着く。

「慰霊」のための踊りという趣旨がぶれていない。
子どもに迎合していない。

 

同じく、佐波でも吉井上でも
鹿家でも、盆踊りが行われている。
同じ福吉でも
全然雰囲気が違うという。
一度、はしごしたいものだ。

 

子どもも
親世代も
じいちゃん世代も
同じ時間と空間と
同じ願いを共有するというのは
本当にいいものだ。