読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

台風と熱帯低気圧の差

今日の午前は、台風12号の影響で
ある高校が臨時休校となり
講演が一本飛びました。

午後は、
ももち浜スタジオ 夕方版』。

f:id:kab-log:20170222155339j:plain

ニュースも必然的に
台風関係中心。

 

全然、大したことなかったのに(笑)。

さて、さて。

 

熱帯の海上で発生する低気圧を
熱帯低気圧」と呼びます。
このうち(場所的な定義もありますが)
低気圧域内の最大風速が
17m/s以上のものを「台風」と呼びます。

気圧(hPa)とか関係ないです。

 

じゃぁ、最大風速を
風速計とかを使って
台風を追っかけ
物理的・客観的に
計測することができるかというと
あたりまえですけど
そんなことはできません。

 

雲の形などから
推測するということなのです。

 

台風12号
見る人が見れば
「もう、熱低でよくね?」
という雲の形だったそうです。

 

しかし!

熱低にすると
大きな問題がっ!!

台風じゃないので
進路予想図が出なくなるのです。

 

週末、土日、
進路予想図が出なくなると
必ずクレームが出る。

 

万が一、災害なんか起きたら
大問題になります。

「まぁ、この雲の形なら
 最大風速、ギリ18m/sくらいあるよね?」
「ある、ある」
という判断になるはずです。

 

台風12号は、
5日未明に長崎県長崎市付近に上陸後、
日本海に抜けて、
午前9時に対馬近海で
熱帯低気圧に変わりました。

以上の文脈からすれば、
もしかしたら、もっと早く
熱帯低気圧に変わっていた可能性はあります。

とはいえ、
北日本を襲った台風10号の直後だったので
警戒感が高まるのは当然。

私を含め
台風情報に振り回された人は
多々いるでしょうが
大きな被害がなくてよかった。

なにより、子どもたちは喜んだはず(笑)。