作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

普通ってなんだ?

「ウチの子、ちょっと変わってて…」
と悩んでいるママも多いし
逆に
「ウチはギフテッドなんで!」
とかやけに誇張するママもいます。

 

でも
「普通」も
「変わってる」も
「ギフテッド」も
そういうことを意識したり
あえて特筆したりするほうが
もうナンセンスだし
昭和的だと思います。

 

例えば。
2021年の小・中学校における
不登校の児童生徒数は19万6,127人と過去最多。
在籍児童生徒に占める
不登校児童生徒の割合は1.7%。

 

1.7%と言うと
まだまだ特殊なケースとして
位置づけられるかもしれません。

文部科学省の調査によれば、
発達障がい(自閉スペクトラム症ADHD学習障害など)
のある子の数は約64万人
割合にして約6.5%。
単純計算で9%(単純計算で約95万人)を超えますが、
3つの障害は合併、重複することもあるため6.5%。

当然、診断されていないケースも含めれば
この割合はさらに上がるでしょう。

 

さらに、日本におけるLGBTQの割合は、
約3%〜10%。
(調査機関・調査方法によって
 データにバラつきがあります)

 

ここまで見てきただけでも
もう、普通の概念がよくわからないくなります。

 

大人になるとさらに複雑。

 

 2015年のOECDの調査結果によると、
日本のニート率は10.1%。

 

パラサイトシングルの可能性。
日本における25〜34歳までの人口の“親同居未婚率”は42%。

 

最新の生涯未婚率は
(50歳までに1度も結婚を経験したことのない割合)
男性28.3%、女性17.8%。

 

たぶん、
大人になったら
ちゃんと働いて
しゃんと(経済的、社会的に)自立して
ちゃんと結婚して
ちゃんと子ども産んで
ちゃんと子育てして
なんて
現状からすれば相当マイノリティー

 

ゴーシ先生が
上記いづれにも当てはまらないのに
「変わってる」
って言われるのはそのためだな。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)