作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

事後評価アンケートの意味の無さ

福岡県PTA連合会に
先日の「ブロック研修」の報告書を作成して提出。

 

50万円という多大な予算を頂いて実施した研修なので
報告書の提出は必要だとわかりますが
この罰ゲーム感はなんだろう。。。

 

めっちゃ頑張った人が
さらに頑張らないといけないという。

 

報告書の作成には事後アンケート結果のまとめが必要で
これ紙ベースで実施し
手入力してたかと思うと
頭が痛くなります。

 

私はネット上にフォームを作っていたので
集計もグラフ化も
googleが勝手にやってくれました。

 

そもそも
ゴーシ先生は事後アンケートなんか
絶対にしません。

 

なぜなら
事後アンケートは改善のためにやるもの。

 

だって今回のイベントは
改善の機会なんてありません。
次は他地域。
次に福吉に回ってくるときには
絶対に私はいません。

 

さらに言えば、改善の機会がある
定期的な大人塾等のイベントでも
自己評価は行いません。

 

なぜなら
100%全力を尽くしているから。

 

改善の余地ないし
そこを改善しようと努力すると
他のクオリティが下がります。

 

例えば。

 

「司会者の壇上での腕組み姿勢などは気をつけられたほうが良いです。子どもたちも大人の姿勢をみています」

 

腕組みを気をつけだしたら
流暢な司会や展開はできなくなります。

 

そもそも、司会者なのに革ジャンだし
髪はちょっとロン毛のツーブロックだし。

48歳にしては若いし
カッコよすぎるし。

とすれば、もう、
一般的な司会者も
プロデューサーも大失格。

 

そこに迎合して
ちゃんとやろうとしたら
イベントが成立しなくなります。

 

というか
monさんのお話を聞いた上で
そんなこと書いてんの?


「みんな、一緒にしなさい」
「ちゃんとしなさい」
という大人の認識がどんなにヒドイことか。
どんなに可能性を奪うか。

ま、いいけど。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)