おとちゃんの裁縫セット

寝る前、おとちゃんが書斎に
「学校でお裁縫セットを買わないといけないので
 お金をください」
とやってきました。

 

いくら?
と聞くと
「3,○△✕円」。

 

おとちゃんにとって
3000円ってすごく高い金額。

 


申し訳ないと思ったのか
「高いね…」
高いね~(笑)
「パパ、お金ある?」
そのくらいなら、なんとかある(笑)

 

で、財布から4000円を取り出し
渡すと
「キッチリじゃないといけん」
と言います。

 

そこで、小銭を探し回っていると
「足りん分は
 おとちゃんのお小遣いから出していいよ」

 

なんか感動して
おとちゃんをぎゅーって
抱きしめたくなりました。

 

学校のお勉強に必要なお金は
パパが出すから
遠慮なく言っていいんよ
と言うと
「ありがとう~」
と言って、部屋を出ていきました。

 

自分が子どものときは
教材費なんか親が払うのがあたりまえ
とか思っていて
感謝の心も
申し訳ないという気持ちも
ありがとうの言葉もなかったな。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)