現代日本で結婚する人が100人いるとしたら

やっと見つけました!

よく言われている
「結婚式を挙げると離婚率が下がる」。

 

でも、この実証データをなかなか
探し出せずにいました。

 

で、やっと見つけました。

 

これはアニヴェルセル総研が
既婚男女600名(男性・女性、各300名)と
結婚歴のある独身男女142名を対象に
調査を行ったものです。

www.anniversaire.co.jp

まず結婚式を挙げたかどうかについては
「結婚式・披露宴(会食)共に開催した」が55.5%。

f:id:kab-log:20170726111822g:plain

人口動態統計によると
年間婚姻件数が62万1000組(2016年)。
経済産業省の特定サービス産業実態調査によると
年間結婚式件数は約35 万組(2005年)。
結婚式実施割合は56.4%であるので
上記アンケート結果は妥当であるといえます。

 

そして
離婚歴のある方について、
「何もしていない」(なし婚)は82.4%。
結婚式を挙げて離婚した人の割合が13.4%

f:id:kab-log:20170726111837g:plain

で、婚姻件数、離婚件数、離婚率等を鑑み
ゴーシ先生なりに単純化してみると…

f:id:kab-log:20170726111852j:plain

結婚式を挙げて離婚しない人:50人
結婚式を挙げて離婚する人:5人
結婚式を挙げすに離婚しない人:15人
結婚式を挙げずに離婚する人:30人

 

ということになりましょうか。
衝撃的ですね。

※間違いがあればご指摘ください。
 正しいデータをお持ちの方はご提供ください。

 

さぁ、いよいよ今週末、婚学です。

 

婚学は、学生さんも社会人も
未婚者の方も、既婚者の方も
結婚したい方、
それを応援したい方、
どなたでも受講可能です。

 

婚学-トータルライフプラン・セミナー-