読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツ ユーゲント・ファーム

ドイツに来ると、
毎回、必ず一つは新しい仕組みや取り組みを知る。
今回、一番の衝撃。
ユーゲント・ファーム。
子ども農園。

 

子どもたちに解放された農園。
子どもたちは学校が終わると、
この農園に集まってくる。

f:id:kab-log:20170306165737j:plain

遊ぶ。
動物の世話をする。
働く。
ただ、それだけ。

f:id:kab-log:20170306165805j:plain

f:id:kab-log:20170306165859j:plain

しかし、その遊び方、動物の世話、働き方が中途半端ではない。
馬もポニーも山羊もウサギもネズミも猫も
すべて子どもたちが面倒を見ている。

f:id:kab-log:20170306165618j:plain

 

畜舎の掃除も餌やりも、
子どもたちがちゃんとやる。
大人は何も言わない。

 

その馬に乗る。
アクロバティックに乗る。
馬の上に立ったりする。
大人は何も言わない。

 

 

秘密基地づくり。
もう秘密基地と言うよりは要塞である。
木材、のこぎり、釘、カナヅチを使って本格的に建設する。
大人は何も言わない。

f:id:kab-log:20170306165550j:plain

 

子どもたちは
自らとんんでもない秘密基地を作る。
血が騒ぐ。
私なら、5階建てを作るな。

木工のための部屋もあるし、
金属加工のための部屋もある。
自転車なんか平気で修理するそうだ。
溶接もする。
大人は手伝わない。

 

ただし溶接は危ないので、
8歳にならないとダメ。
8歳で溶接!?

 

音楽室には
ドラムとエレキギターとベースとアンプが完備。

 

図工用の部屋もある。
キッチンもあって、
そこではお菓子作り。
大人は何も言わない。
子どもたちが勝手に何かやっている。

f:id:kab-log:20170306165845j:plain

こうしたユーゲントファームは、
シュトットガルト近くに30カ所もあるという。

 

このユーゲントファームは20年前に設立された。
毎日平均して40人近くの子どもが遊びに来る。
毎日遊びに来る子も多い。
利用料は無料。
申し込みも必要ない。
市が2.5人分のスタッフの賃金(10万EUR)と
その他の活動費(5万EUR)の
計15万EURを補助している。

 

こうした施設が設立された背景は以下のとおり。
70年代以降、子どもの遊び場が無くなってしまった。
火も使えないし、水辺にも近づけない。
交通量も増えた。
自然に触れさせたいという親の要望が強まってきた。
そうしてこうのような施設が誕生した。

 

学校では、先生がいて、決められた授業、プログラムがある。
やらなければならないことがある。
学年毎に活動する。

 

ユーゲントファームには何もない。
やらなければならないことは一つもない。
やりたいことは自分で見つけなければならない。
そうして自主性、自立性を育てる。
お兄ちゃんが、小さい子の面倒を見て、いろいろと教えてあげる。
子ども社会が形成されている。
そうして社会性を学ぶ。
ここはスポーツクラブではないが、
いろんな遊び、仕事をして自然に体を動かしている。

 

しかし、ここの主宰者は20年子どもを見続けて、
子どもの変化を感じているそうだ。
昔は、本当に何もしなくてよかった。
しかし、最近は自分でやりたいことを見つけられない子供が増えている。
その理由は、テレビにあるかもしれないという。
習い事も増えた。
受け身の姿勢が身に付いている、
与えられることになれている。
太っている子も増えた。
運動量は確実に減っている。
少子化により、子ども一人に費やすお金が増えている。
その一方で、親の共働きが増え、
子どもに費やす時間が減っている。

f:id:kab-log:20170306165932j:plain