いい母親であることも大事だけれど

京都大学総長で
世界のゴリラ研究第一人者
山極寿一先生は
「ヒトを人たらしめた理由」として
『共食』と『共同保育』を挙げています。

 

なぜ、ヒトにとって
共同保育が重要なのか。

 

おそらく、600万年くらい前に
樹上生活していたヒトの祖先は
ジャングルの減少が原因で
サバンナに降り立ちました。

 

そして
直立二足歩行を始めたと言われています。

直立二足歩行を始めた理由は、
大型肉食獣から身を守るため。
遠くが見えるように。

 

 

 

サバンナに降り立ち
直立二足歩行を始めたのはいいのですが
やっぱり大型肉食獣に襲われます。

 

一番犠牲になるのが
赤ちゃん、子ども。

 

そこで、ヒトの祖先は
多産化を迫られます。


そうでなければ
子孫を残せません。

 

しかし、進化の過程で
(ブタのように)
一度の出産でたくさん産むということは
できなくなりました。

 

じゃ、産む頻度を増やさなければ。。。

 

そこで
何が始まったかと言うと
共同保育です。

 

授乳している限り
プロラクチンが出て
エストロゲンが分泌されません。

 

そこで
共同保育することで
「ちょっと、ウチの子見とってくれる~」
と、授乳の機会を減らし
プロラクチンの分泌を抑え
エストロゲンが分泌されます。
簡単に言えば、
身体的に、ホルモン的に
「母親」モードから
「女性」モードに戻すわけです。

 

ゴリラは3年間、授乳しますが
ヒトは1年で離乳します。
こうして次の子どもを産めるようになります。

 

そういうことを
数百万年間つづけて
今の私達があります。

 

何が言いたいかというと。

 

まず、
ヒトは一人で子育てできようになっていません。
一人で子育てするとストレスになります。
進化の過程でそうなっていません。

 

そして、
子どもが大きくなっても
「いい母親でなければならない」
「いい子育てをしなければならない」
ばかりが先に立って
女性としてどう生きるかが
後回しになってしまっている人が多いような気がします。

進化はそんなふうになっていない。
身体はそんなふうになっていない。

だからストレスになるんじゃないかなぁ。

 

なんてことを
ふと考えた昼下がり。

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)