「圧倒的主観性」と「徹底的客観性」

最近、つくづく思うのですが
「身の丈起業したいけど…
 なかなか…」
と思っているママって
行動力のないママが多いです。

考えすぎ
悩みすぎ
迷いすぎ
他の人の目を意識しすぎ。

一方で、バリバリに
行動力のあるママ
行動しているママもいます。

 

で、そういうママは共通点は
「想いが強い」。

例えば、
子どものために、とか
健康のために、とか
環境のために、とか。

 

起業するには
「圧倒的主観性」が大事です。
だから「思いの強さ」は
非常に重要です。

 

しかし、
最近、つくづく思うのですが
行動力のあるママの多くが
「想いが強すぎ」。

 

言い方を変えれば
周りからどう見えているか
どう思われているか
ちゃんと伝わっているかが
全く見えていない。

 

極端に言えば
「私は正しいことをやっているのだから
 それを理解してくれていない人が悪い」
みたいな。

 

起業するには
「圧倒的主観性」と同じく
「徹底的客観性」も大事なのです。

f:id:kab-log:20191114075551j:plain


 

 

ユーザーの視点に立てなければ
モノが売れる訳ありません。
イベントに人が集まる訳ありません。
みんなが応援してくれる訳ありません。

 

では、
「圧倒的主観性」と「徹底的客観性」
が重要だからといって
50%、50%にすればいいということではありません。

 

「圧倒的主観性」100%で考えて
「徹底的客観性」100%で見直すくらいの感じ。

 

でも、それって
なかなか難しい。

 

でも行動力あるのに
もったいない。

 

だから、仲間が必要。
ママ塾やmamalink塾や大人塾実践編
のような場が有効なのです。

 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓