高田さんのアテンドをして…

www.goshisato1973.info

 

で、当日。

 

西鉄グランドホテルで高田さんをピックアップし
都市高速で、一路、糸島へ。

 

車内では、まず、動物園のお話。

 

高田さんは、沖縄の動物園「子どもの国」
の園長をされていたので
動物園事情、その裏側
当然ですけど、めちゃくちゃ詳しい。



「緑の農園」到着後は
早瀬健太郎さんと鶏談義。
ゴーシ先生、90%、話についていけないくらい
深すぎる。。。
面白すぎる。。。

 

憲一君に鶏舎を案内してもらい…

f:id:kab-log:20180830183626j:plain

 

さすが、見るポイントも違うし
ポロっと出てくる話が
スゴすぎる。

 

視察後は
都市高速で福岡へ。

 

車内で、「今帰仁アグー」を生産するまでに
何をしていたかのキャリアについて聞くと
まず、大学時代は
先生に連れられて
東南アジアの野鶏の調査。

 

大学時代から
専門家として
わくわく動物ランド
に出演していたのだとか。



大学卒業後は
プラントハンターとして
世界を飛び回り
珍しい植物を集め、育て
観葉植物として販売していたらしい。

 

世界中のプラントハンターと
ネットワークができ
言葉は通じないけれど
世界共通の学名でやりとりしていたとか。

 

しかし、バブル崩壊
観葉植物や蘭の相場が値崩れし
「このままではまずい
 本業で勝負しないと」
ということで
「家畜」にシフト。

 

牛の凍結精子を作ったり…

 

と、まぁ、ものすごいキャリア。

 

今帰仁アグーの高田さん
と思っていたら
その世界では、その時期時期によって
「鶏の高田」
「プラントハンターの高田」
「牛の高田」
「豚の高田」
「動物園の高田」
と名前が通っていたとのこと。

 

その、知識の幅と深さ、体験
ハンパないです。

 

以前、

www.goshisato1973.info

という記事を書きましたが
まさにスーパーマン

 

皇族(皇太子さまや秋篠宮さま)の
研究指導・協力をされている理由が
よくわかります。

 

なにわ寿司では
西日本新聞社の佐藤弘さんを加え
非常に盛り上がりました。

f:id:kab-log:20180830215137j:plain

 

話が面白すぎて
スゴすぎて
飲んだたら饒舌なゴーシ先生が
一言も発せないほど。

 

帰路、また思ってしまいました。

 

高田さんの話を子どもたちに聞かせたい。

 

帰宅後、すぐに高田さんにメッセージし
日程をあけてもらいました。

 

12/22(土)、23(日)。

そして、この「人生を学ぶ」イベントは
福岡だけでなく
佐賀、熊本等々をキャラバンしていきたいと思っていました。

 

ということで

 

「ゴーシ先生presents
 冬休み 佐賀で人生を学ぶ」

 

やりますよ。 

 

 この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓