読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焼き鳥partyとブレーブボード

8:00から、新堤(ため池)の草刈り。

9:30に家に帰り、焼き鳥partyの準備。

11:00、メンバーが集まりはじめ、partyスタート。

f:id:kab-log:20170507111309j:plain

BBQより焼き鳥のほうが
ずっと美味しく食べれる気がします。
丁寧に焼けます。

f:id:kab-log:20170507121017j:plain

f:id:kab-log:20170507121021j:plain

子どもたちは遊びに夢中で
ほとんどだべませんでしたが(涙)

f:id:kab-log:20170507135953j:plain

 

f:id:kab-log:20170507140034j:plain

 

後半戦。

ゴーシ先生は
子どもたちに
集中的、徹底的に
ブレーブボードの乗り方を教えました。

みんな、乗れるレベルに達しました。
(まだ、漕ぐまではいってない)

翌日、
「あの子たちみんな
 8歳のお誕生日プレゼントは
 ブレーブボードになったよ」
との報告を受けました。

全員、誕生日プレゼントは
ブレーブボードがいい
とお願いしたようです。

8歳の誕生日プレゼントが
くだらないスマホまがいになるより
全然いいです。

 

というように。

 

わが家に、
よその子が遊びに来るときは
その子と徹底的に遊びます。
教えます。

 

おとちゃん、とらちゃんを
ほったらかしにしてでも
遊びます。
教えます。

 

少し前は、ヨメさんから
「おとちゃん、とらちゃんが
 悲しそうにしとったよ」
と指摘されたこともあります。

 

でも、それは信念です。

 

いろんな親
いろんな子どもがいる場面では
違う親が
違う子どもの
面倒を見たほうがいいと思います。

 

事実、
ゴーシ先生からいろんなことを教えられた子どもは
バシッと言うことを聞きます。

 

で、何が生まれるかというと
(おそらく)いじめ等がなくなります。

 

子どもたちはよくわかっています。
「あの、おいちゃんすげー」
「おいちゃんの言うことはきかないけん」
「○○ちゃんは、おいちゃんの子やけん」。

 

これを、すべての親がやればいい。

 

いじめをなくす方法は
子どもをとりまく
子どもたちから
親が尊敬されればいい。

 

そんな大人になろう。
そんなかかわり方をしよう。

 

f:id:kab-log:20170509102729j:plain