読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のことが好きな人?

今日は北九州市立高等学校の文化祭に呼ばれ
全校生徒720名を対象に特別講演。

f:id:kab-log:20170221110600j:plain

みんな素直で、まじめで
話していて本当に気持ちよく
講演に力が入りました。

 

冒頭
「自分のことが好きな人
 自分に自信がある人は
 胸を張って手を挙げてごらん」。

結果、手が上がったのが
720名中、わずか3人でした。

 

だいたいどこの学校でも
これくらいの人数です。

まず、おとちゃん、とらちゃんの
写真を見せ、
今朝のおとちゃんと二人での
ゴミ捨てエピソードを紹介し
どんなにかわいいか
パパがどんなに大切に思っているかを
語りました。

f:id:kab-log:20150801144941j:plain

女子高生は
ケラケラ笑って聞いていました。

そしてこう語りました。

 

10年後、
おとちゃんも高校生になります。
高校の文化祭に
オレンジ色のTシャツを着た
ヘンな大学の先生がやってきて
「自分のことが好きな人
 自分に自信がある人は
 胸を張って手を挙げてごらん」
と言われ、
おとちゃんが手を挙げなかったら…

「自分のコト好きじゃないし…」
「自信ないし…」
なんて思っていたら…

 

パパは泣きます。


おとちゃんは
世界一かわいくて
世界一大切なのに
なんで、自分のコト好きじゃないなんて言うの~!
って思って、
パパは泣きます。

 

他の人がなんて思うが
なんて言おうが関係ないです。
「おまえのことが世界で一番かわいい」
と言ってくれる人が
世界で二人もいます。
その二人の気持ちを信じよう。

 

って力説していたら
女子高生がハッとなり
背筋が伸びました。
目に涙を浮かべている女子高生もいました。

 

それから
「今、ここにいるという奇跡」のお話
「人生はできるかできないかではなく
 やるかやらないか」のお話
「成功よりも成長を大切にする価値観」のお話
「根拠のない自信は無敵」のお話
「人生という壮大な絵を描くために
 必要なこと」のお話。

 

わずか1時間でしたが
精一杯、熱く熱く語りました。

 

講演の最後に、
「もう一度、聞きます。
 自分のことが好きな人
 自分に自信がある人は
 胸を張って手を挙げてごらん」。
と挙手してもらったら
なんと100名以上の生徒さんが
手を挙げてくれました。

 

高校生対象の
「自立学」講演は
手応えがダイレクトで
本当に楽しいです。

 

大感謝。