読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木七沖さん

本を創るって
食事に似ている。
何を食べるかより
誰と食べるかだ。

本を創るって
恋愛に似ている。
何を作るかより
誰と作るかだ。


私は茂木さんという編集者に
惚れ込んだからからこそ
現代書林から本を出版させていただいているし
鶴田社長、大場さんに惚れ込んだからこそ
五月書房から本を出版させて頂いている。

 

どんなに小さな出版社であったとしても。

 

西日本新聞社には
本当にお世話になった。
でも、安武さんが出版部からいなくなって
その恋心は一気に冷めてしまった。

 

本を創るって
恋愛に似ている。
何を作るかより
誰と作るかだ。

 

そして昨晩、恋に落ちた。

 

鈴木七沖さんの話を聞いて
「あ~、この人に私の本を編んでもらいたい」
と思った。

f:id:kab-log:20170222095452j:plain

七沖さんの口から
「またかな」「喜多川泰」
のフレーズが出る度に
ジェラシーを感じちゃうほど
恋に落ちた。

いつか必ず、七沖さんに本を編んでもらう。
七沖さんが「ガーン」ってなるほどの原稿を書く。
「ガーン」な感じ。
七沖さんがいつか「縁」「運命」の一つとして
語ってもらえるくらいの原稿。

 

今日から、その努力をする。
未来が見えた。