読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼と出逢ったのは

彼と出逢ったのは、会社を辞めることを決め、
怒涛の年度末業務に目処が付いた頃でした。
当時暗闇の中に居た私の心の奥底に、光を見つけてくれたのが彼。

 

私からすれば奇跡のような出逢い。

 

福岡と名古屋。
最初から遠距離恋愛でした。

 

毎回新幹線でぴゃっと行く私。
「少しでも多く会えた方が良いから」と、
節約してバスで4時間かけて来てくれた彼。

f:id:kab-log:20170222054941j:plain


…なんてことを一度書いてみたかったので
再現してみました。