読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しびれたよ

しびれたよ。

 

今日は、京都大学で教職員対象の「婚学」講演。

 

行きの新幹線では集中して原稿を書き
講演もその後のディスカッションも
本当に集中した。

 

アウトプットばかりだから
インプットしようと思って
帰りの新幹線は本を読もうと決めた。

 

京都駅の書店で
2冊の本を買った。
その1冊が成毛眞さんの
『この無駄な努力をやめなさい』。

成毛さんは
日本マイクロソフトの元社長。
ビジネス界きっての読書家で
『本は10冊同時に読め』はベストセラー。

 

私は、
『就活に日経はいらない』
を読んで、大いに共感した。

 

就活に「日経」はいらない

就活に「日経」はいらない

 

 

その本に書かれている内容を
pptにまとめ
就活前の学生にレクチャーするほどだ。

読み始めて、、、

51p。

ビックリした。
婚学のコトが書かれてあった。

f:id:kab-log:20170217161042j:plain

しかも
ケチョンケチョンに書かれていて
「教育者としてのプライドをなげうってしまうものは
 いかがなものか」
なんて書かれている。

 

大教教員の中で
日本一熱意のある教育者だと自負してるのに。

あまりの不意打ちに
ひっくり返るほどだった。

 

路地を歩いていて
曲がり道の先から
大好きな女の子の
「ゴーシってサイテーよね」
って声が聞こえてきたくらいの
衝撃だった。

 

ま、でも他人の評価は気にしない。
いつものように

 

言いたいヤツには
好きかって言わせておけばいい
って思った。

自分は自分の信念と志を信じる。

 

 

でも、ふと思い直した。

日本大学の婚育
早稲田大学の恋愛学
なんて講義があるなかで
「婚学」が成毛さんの目にとまり
本に書いてくれるほど
インパクトを与えたわけだ。

 

換言すれば
「人間関係形成論」
とか
「コミュニケーション実践論」
なんて授業名にせず
「婚学」
と銘打った、私のマーケティング戦略が
的中したわけだ。

 

この逆風を追い風にしよう。

 

さっそく、
メッセージを作成して
成毛さんに送り
友達申請。

 

フィード購読者が
11000人もいるのに
承認して頂き
メッセージも頂いた。

 

この奇跡的な偶然のような
でも必然のようなご縁に
しびれた。


『この無駄な努力をやめなさい』
p51~53
以外は的を得てます(笑)。

 

特に、第三章以降は面白い。
ご一読をオススメします。