読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「できるようになる」学力論②

教育 家族のアルバム

先日の「お魚さばきかた講座」にて。

 

ある小学生が、
魚の数を必死に数えていて
「30匹ある~」
と嬉しそうに言いました。

 

そこで
「子どもが10人います。
 一人何匹さばけばいいでしょう?」
と質問すると
「わり算習っていないからムリ!」
と即答されました。

 

「わり算を習ってなくても
 考えたらわかるよ。
 考えなさい。
 工夫しなさい」
と声をかけました。

 

 

わが国における
学力問題の一端を
この瞬間に感じました。

 

問題その1。
「習っていない」と思った瞬間に
考えることさえせず
思考停止に陥っていること。
考える癖がついていないこと。

 

 

問題その2。
「習っていない」瞬間に
思考停止に陥る原因は
たぶん、日本の履修主義という価値観。

習ってないからできないのではなく
習ってなくても
考えて理解できるようになればいいのであって
理解できるようになるのであれば
学年は関係ありません。
ある意味、これが習得主義。

 

 

問題その3。
生活の中に学びがなく
学びが生活にフィードバックされていないこと。

 

ちなみに先進国の学力観は
「思考力中心で、社会に出て実際に使える能力中心」
であり
「知識や技能は一生を通じて学ぶもの」
とされています。

PISA調査で計られる学力も
「これまでに身に付けてきた知識や技能を、
 実生活の様々な場面で直面する課題にどの程度活用できるか」
です。

ですから
「子どもが10人います。
 一人何匹さばけばいいでしょう?」
というような問題を
真剣に考えることは
非常に重要なのです。

ということで
今朝、小学校1年生のおとちゃんに
こんな同じような問題を出してみました。

f:id:kab-log:20170325105045j:plain

 

「おとちゃん、イチゴが30個あります。
 お友達が10人います。
 さぁ、一人何個食べれるでしょう?」

 

おとちゃん、即座に

「おとちゃんは、その10人に入っと―と?」

 

「(笑)入ってるよ」

 

さすがおとちゃん。
単なる算数でなく

生活レベルでリアリティをもって考えてる(笑)

 

「う~んと、3個!」

 

「正解、割り算習ってないでしょ?
 どうやって考えたの?」

 

「10人並んで
 1個ずつ配っていったら
 3回配ったらなくなるよ」

 

「じゃぁ、33個だったら
 どうする?」

「う~んと、3つあまるから
 先生と、校長先生と、教頭先生にあげる。
 先生はくいしんぼうだから太ってるんだって」

 

 

「(笑)じゃぁ、イチゴが10個あって
 パパとママとおとちゃんととらちゃんで分けるとしたら
 一人何個ずつ?」

「それはおとちゃんととらちゃんが3つずつで
 パパとママが2つずつやろ」

「(笑)そうやね」

 

それをずっと聞いていたとらが

「ちがうよ。ねぇねととらくんが4つずつで
 パパとママは1つずつやろう」

とら、ようわかっとーね。

第1期熊本大人塾、最終回

第1期熊本大人塾、最終回。

「感動セミナーの創り方」
をメインテーマに
皆さんの悩みを解決したり、
リクエストに応えるというスタイルでstart。

 

出てきたお悩み、リクエストは…

  • お金をかけずにできる新規事業は?
  • 自分の仕事に周囲の理解が得られないのですが…
  • スタッフのモチベーションを高める方法は?
  • 同僚の温度差をどう埋めるか?
  • セミナーを実施するのですが留意すべき点は?

f:id:kab-log:20170328201642j:plain

皆さんの期待に
120%応えれたのではないかと思います。

我ながらいい時間でした。

 

そして、熊本大人塾参加者の皆さんへの感謝。

21:00からは懇親会へ。

めっちゃ、盛り上がりました。

f:id:kab-log:20170330060807j:plain

 

熊本大人塾、2期もやります!

www.goshisato1973.info

空中ヨガ初体験

徒然

12:50に福岡を出発し
高速を飛ばし
15:00前に熊本着。

 

次は、熊本大人塾を主催してくれている
かいさん、村上さんへの感謝の気持ちを込めて
空中ヨガ(笑)。

 

ゴーシ先生
結構プライド高いので
「初体験」とか
「できない姿」とか
「無様な姿」を
あまり人に見られたくないのです(笑)。

 

空中ということで
スパイダーマンになってみました。

f:id:kab-log:20170330055255j:plain

 

でも、やってみたら
結構できた(笑)

 

f:id:kab-log:20170330055341j:plain

f:id:kab-log:20170330055401j:plain

ホテルにチェックインし
少し休憩して、熊本大人塾へ。

 

ゴーシ先生の「お魚さばきかた講座」

魚・漁業 講義・講演・セミナー

3/28(火)、29(水)は
ゴーシ先生のお客様感謝デー。

 

この1年、お世話になった方々に
感謝の気持ちを込め
精一杯、喜んでもらおう
楽しんでもらう2日間。

 

そのために、年休とりました(笑)。

 

まずは、中井さん、ママ塾メンバーへの感謝。
中井さんからの依頼を受け
「お魚さばきかた講座」を実施。

 

そのため、まず8:30に
魚を調達に「志摩の四季」へ。

前日は、凪いでいたので
魚はあるだろうと期待していたら
全然、ナシ。

聞けば、翌日が慰安旅行で、それに備え
出荷や余った魚を回収する余裕がないのだとか。

 

それでも、
サワラ、ヤズ、イサキ、カワハギ、
甲イカ、タコ、アジ、等々
ありったけの魚を購入。

 

9:30から仕込みを開始し
10:30から「魚さばき教室」start。

f:id:kab-log:20170330053530j:plain

参加者の感想。

 

ゴーシ先生による、お魚の捌きかた講座に
息子たちと参加してきました。

興味津々の次男
渋々参加の長男。

ふたりとも、佐藤 剛史先生の手元に釘付け。

時間の都合上
子どもたちが包丁を触る時間は短めでしたが、
次々と捌かれてく魚たちを見るのは
面白かった様子。

なにより、2人は魚が大好き。
だって漁師の孫で曽孫…

それなのに
捌くのめんどくさがって
覚えようともしておらず
(魚関係はオットの担当)

罪悪感はあったんだろな。

この講座知った時、参加したい!させたい!
って思ったもん。

魚捌きに苦戦しながら
ココロの中で亡き父にも謝っときました。

完成した海鮮丼は、
各自、お好みのトッピングでいただいて。
あら炊きもとっても美味しかったです。

今夜は、イサキのお刺身に挑戦。
見た目は不恰好だったけど、甘みがあるお魚で
あっというまに、なくなりました。

今までは
買うのは切り身やお刺身ばかり。
今回の参加をいいきっかけにして、
今度、何か手頃なサイズを一尾選んでみます。

参加できてよかったー(๑′ᴗ‵๑)

 

f:id:kab-log:20170330053643j:plain

 

「魚さばき方講座」へ、親子で参加してきました♪

ゴーシ先生の捌きっぷり、
そして子ども達の眼差しが印象的でした( *´艸`)

まーやはコウイカの処理が1番楽しかったようで、
「今日頑張った証だから、絶対に拭かない!」
と、ほっぺに付いたイカスミを誇らしげに見ていました♡


お腹も
心も満たされた1日でした♡

 

f:id:kab-log:20170330053652j:plain

 

春休み特別イベント「お魚捌き方講座」を
開催しました。

ママ塾でお世話になっている
九大の佐藤剛史先生は糸島在住で
海鮮丼屋さんのオーナーでもあります。

 

お魚の扱いはプロ級。

 

という事で、講師をお願いしました。

 

糸島で採れるお魚を使っているから
サーモンやマグロはありません。

「とれないんだー!」というこども達。

スーパーには並んでいるもんね。

 

地域によってとれるお魚が違うことを
体感出来たかな。

 

サワラやタコ、ヤズ、アジ、イカ、イサキ、カワハギなどの新鮮なお魚を刺身にしていきます。

恐る恐る 刺身をひいていくこども達。

お魚によって、ひき方が違うことを
教えてもらうこどもとお母さん達。

 

ヤズの内臓に、びっくりしたり
イカの墨まみれになったりと苦戦。

そんな中、テキパキと刺身にしていく
ゴーシ先生を前のめりに見つめるこども達。

 

ただ見つめるだけなんだけど、この経験が
実はとても大切なんです。

 

自分達が体験して、難しかったことや
出来なかったことを大人が簡単にやっていく
姿は、こども達にとっては憧れです。

大人だからと威張らなくても、
力で抑えなくても
こども達は、大人かっこいい!と自然と
リスペクトしていきます。

 

そして、自分達で捌いたお魚を海鮮丼にして
いただきました。

新鮮なお魚に、おかわり続出(笑)

この贅沢海鮮丼とアラ汁と
ブリカマ

ゴーシ先生曰く
飲食店で食べたら 3500円くらいらしい。

参加費を考えると、
ゴーシ先生に申し訳ないくらい(涙)

でも、おかげさまで
プライスレスな体験と美味しいご飯の
時間がもてました。

 

こども達にも、お母さん達にも春休みの
いい体験になったと思います。

 

f:id:kab-log:20170330053950j:plain

気が付けば、12:30。


まずい!

熊本に出発しないと
次のアポイントに間に合わない!!!

「できるようになる」学力論

教育

www.goshisato1973.info

にむけ、猛勉強しています。
本を読みまくっています。

f:id:kab-log:20170228134202j:plain

f:id:kab-log:20170314070355j:plain

f:id:kab-log:20170324062053j:plain

この間、すごく勉強になったこと。

 

フィンランドPISA調査で学力世界一ですが
教育から「競争」を撤廃しました。

具体的には、
1985年に「習熟度別学習(編成授業)」を廃止し、「異質生徒集団」方式を採用しました。

習熟度別学習とは
簡単に言えば、
「できる子」「できない子」を分けて
それに応じて、授業をする方法です。

一見、効率的に見えます。

しかし、イギリスでは
1988年に競争原理を導入した教育改革が行われましたが
国全体の学力レベルは向上しなかったそうです。

教育に競争原理を導入した結果は
「格差」しか生じなかったそうです。

フィンランドの教育の目標は
「一人の落ちこぼれも出さず、国民全体の教育水準を引き上げること」
です。

一握りのエリートが企業、経済、国を動かす時代は終わりました。
21世紀の教育の大きなテーマは「平等性」です。

皆が等しく学力を身につけることが重要なのです。

 

では、その学力とは何なのかが問われますが
それはまた別の機会に。

 

フィンランドでは
「個」を大切にする平等な教育が行われています。
個性、多様性が尊重されています。
一人一人の発達を支援し、
誰もがいつでも学べる学校教育制度が整えられています。

 

で。

 

日本で
「個性、多様性を尊重する教育」
というと
「できなくてもいい」
「できないのも個性」
「できないのを認めるのが多様性」
みたいなコトをいう人がいますが
学力世界一の
フィンランドの教育哲学、経験からすれば
その考え方は間違いです。

 

前述のように、フィンランドでは
「一人の落ちこぼれも出さず、国民全体の教育水準を引き上げること」
を目標にし、制度設計され、教育が行われています。

 

例えば、具体的には

  • 異質集団教育で、1クラス25人が基本。
  • 授業は完全な個別指導。それぞれに応じた課題に各自取り組みます。
  • グループ学習も積極的に行われます。
  •  「調査と評価」は学校改善を支援するためのツールとして用いられます。
  • さらに 評価は自己評価を重視しています。
  • 遅れがある子どもにはすぐに補充学習が行わます。
  • 「修得主義」なので、留年があります。(日本は「履修主義」)

言い方を変えれば、平等教育とは、
「等しくすべての子どもが理解すること」なのです。
留年してでも
子どもは基礎学力を身につけることが重要なのです。

 

ただし、
身につける基礎学力のレベルは「標準」ではなく
「達成される成績のミニマム」です。

 

最低限ここまではできるようになろうという
基礎学力があり、土台を公平に確保し、
その先に多様な学びが保障されているのです。

 

「できるようになる」が重要なのです。
「できなくてもいい」ではありません。
「できない」言い訳として、
「個性」とか「多様性」なんて言ってはいけません。


 

私が「アンケート」が嫌いな理由

ゴーシ先生流仕事術 徒然

2016年度
私が総合プロデューサーを務める
一般社団法人ライフクリエーション協会は
福岡県大木町から事業受託し
1年間、
「ライフデザインセミナー」「出会いイベント」等を
実施してきました。

そして、3/26の
「大木町 出会いのイチゴ収穫&スイーツづくり」
で予定されていたすべての実施業務が終了しました。

カップリング率も驚異の75%と
素晴らしい成果をあげることができました。

f:id:kab-log:20170330050020j:plain

f:id:kab-log:20170330050040j:plain

f:id:kab-log:20170326131827j:plain

 

さて。

 

普段、私がプロデュースするイベントでは
ほとんどアンケートを実施しません。
なぜなら、BESTを尽くしているので
改善の余地がないからです。

しかも
いろんな声をききすぎると
「足し算」になってしまい
結局、軸がぶれたり
何をしたいのかが
わからなくなってしまいます。

デザインもブランディング
なんでも「引き算」が大事。

ユーザー視点は大事ですが
ユーザーの声を聴きすぎるのではなく
自分がユーザーなら
「どういうのがいいか」
と考えることが大事だと思っています。


また、依頼されてお伺いする講演では
主催者がアンケートを実施してくれることはあり
それをまとめて私に送ってくれることもあります。

当然ですが
そのアンケート結果は
超好意的です。

だって、講演を聞きに来てくれる人たちは
基本的にゴーシ先生ファンですから(笑)。


しかし。

こういう「出会いイベント」に参加する未婚者は
違います。

別な目的をもってやってきます。

で、アンケートを実施すると
「改善点をご自由にご記入ください」
の欄にジャンジャン、コメントが書き込まれます。

例えばこんな感じ。

  • もう少し話ができる機会があったらいい。
  • 男性のアンケートが無かった。
  • もう少しマッチングをしっかりして欲しい。
  • セミナーの時間が長くて、もう少し女の子と話したかった。
  • 自己PRだけでいい。
  • 一人ひとりの人と対面で話したほうがいい。
  • 名札が見えにくかった。
  • フリータイムが欲しい。
  • 出会いは年齢ではないのはわかるけど、○代、○代位は知れたらよかった。
  • 積極的に行動を!といわれましたが、2.3.人気になう人がいる場合、グループわけがあると全員と話せない。
  • 食事のときに気になる人がいてもすでにマッチングシートに記入しているので難しいです。
  • 料理の手順などはじめに説明して欲しかった。何をどうするかわからなかったので、、、。
  • カップリングのやり方が不透明でよくわからなかった。
  • 最後の歓談のときは男女で席かえをしたらよかったと思います。
  • 料理の仕方や段取りがバラバラだった。

 

主催者として
不行き届き、不手際があったことは
認めますし、お詫びしますし
改善しなければなりません。

 

だけど、
私が参加者ならどうするか。

 

アンケートに改善点なんか書かず
(書く時間、エネルギーがもったいない)
主催者の人に
「ありがとうございました。とっても楽しかったです!」
と直接伝えて、仲良くなります。

もし、改善点、不満があるなら
次から参加しない、
ただ、それだけです。

 

出会いイベントには
みんな
異性とのいい関係を求めてやってきますが
そのためには
同性とのいい関係
主催者とのいい関係
も必要なはずです。

 

あくまでも私見です。
私ならどうするかです。

第2期 熊本大人塾!

大人塾 イベント

f:id:kab-log:20170330055800j:plain

第2期『熊本大人塾』
ーライフ・デザイン力を身につけるー


発想法、コーチング、ファシリテーションなど
様々なソーシャル・スキルを身につけ
仕事力を高め
自己実現していくための大人塾。
これまで、福岡、北九州、熊本で
のべ1400名以上が受講しました。

2017年4月、熊本第2期開講です。
第2期はさらにグレードアップします。

各回のテーマ、ワークの質、量ともに充実し
さらに、
これまでの大人塾で使用してきたワークシートが
1冊のワークブックにまとまりました!

是非、一度、覗いてみてください。

あなたが思い描く人生を
実現していく人生が待ってます。

 

 

日時:第2期『熊本大人塾』ーライフ・デザイン力を身につけるー
    4月12日(水) 18:30~20:30

場所:未来会議室 http://mirai-k.or.jp/
   〒860-0807
   熊本市中央区下通1-12-27 CORE21 下通ビル5F

内容:
 テーマに関するレクチャーとワークショップ。
 ゴーシ先生による個別特別コーチング&コンサルティング

参加費:2000円
    +ワークブック1000円(すでに持っている人は不要)

定員:30人

申し込み方法:facebookのイベントページの参加ボタンを押したうえで
info@life-cr.jp
まで
タイトル:熊本大人塾、4/12
①名前
②所属
③メールアドレス
④携帯電話
⑤通年 or 単発
を書いて送信してください。
※定員を上回る場合は、メールの先着順とします。
※PCからのメールをブロックされている方は、設定を変更ください。PCからのメールで受け付けメールを返信します。
※通年参加を申込される方は、次回以降、メールは必要ありません。

 

今後の予定
2017年
4月12日(水) 18:30~20:30 「ライフ・デザイン力を身につける」
5月17日(水) 18:30~20:30 「コーチング・スキルを身につける」
6月28日(水) 18:30~20:30 「発想力を身につける」

※7月以降は会場が予約でき次第、ご案内いたします。

 

主催:一般社団法人ライフクリエーション協会 http://life-cr.jp/
   go for it!熊本
講師:佐藤剛史 http://goshisato1973.com/

※参加費の一部は義援金として寄付させていただきます。