福吉小学校コミュニティ運動会2019

今日は、福吉小学校コミュニティ運動会。

 

ちなみに、運動会といえば
こんなことも。

www.goshisato1973.info

 

7:30集合でテントを張り
バズーカのような
望遠レンズを準備して
いざ開会。

 

f:id:kab-log:20191020095330j:plain

f:id:kab-log:20191020095719j:plain

f:id:kab-log:20191020102945j:plain

f:id:kab-log:20191020102948j:plain

f:id:kab-log:20191020111944j:plain

f:id:kab-log:20191020112016j:plain

f:id:kab-log:20191020112450j:plain

 

子どもたちが、一所懸命に取り組む姿。
子どもたちが、お友達を応援したり
一喜一憂する姿。

なんか感動的で
ファインダーを覗きながら
ずーっと目が潤んでいました。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

『いのちの寺子屋』2019

19日(土)は
ぺぺんちで『いのちの寺子屋』。

 

昨年の様子↓

www.goshisato1973.info

9:30、スタートでオリエンテーション
スケジュール説明と
昨年同様、ルール作り。
本間農園さんの養鶏について解説。

f:id:kab-log:20191020181102j:plain

f:id:kab-log:20191019094514j:plain

f:id:kab-log:20191020173843j:plain

 

10:00、庭に出て
今年は、まず、鶏と触れ合う時間を
あえてたっぷりと作りました。

 

f:id:kab-log:20191020173825j:plain

f:id:kab-log:20191019102345j:plain

f:id:kab-log:20191019102652j:plain

 

 

そして
鶏を木に吊るし
頚動脈を切って放血します。

f:id:kab-log:20191020174144j:plain

f:id:kab-log:20191019104940j:plain


f:id:kab-log:20191019103931j:plain

f:id:kab-log:20191019110447j:plain

f:id:kab-log:20191019110354j:plain

 

お湯につけ
毛を抜き
それから、解体。 

f:id:kab-log:20191019111621j:plain

f:id:kab-log:20191019113336j:plain

f:id:kab-log:20191019114250j:plain

f:id:kab-log:20191019114516j:plain

 

ちなみにゴーシ先生は
もも肉から骨を取り外す作業を
めっちゃ練習しました。


鶏もも肉の骨をはずす練習

 

12:00、室内に移動し
豚や牛などの他の家畜の
屠畜の様子を動画で紹介。

 

結構衝撃的な映像なのですが
鶏をさばいた経験がある子どもたちは
しっかりと見れます。


12:30、つゆだく親子丼と
みそころばかし、
レバ・ハツ刺し、
たまひもとずりの煮付けを
デザートに
特性カステラ
をいただきます。

13:20、感想文を書いて
ふりかえり。

14:00、お疲れさまでした。

f:id:kab-log:20191020173108j:plain

f:id:kab-log:20191020173139j:plain

f:id:kab-log:20191020173122j:plain

f:id:kab-log:20191020173150j:plain

 

f:id:kab-log:20191019130320j:plain

f:id:kab-log:20191019131208j:plain

 

感想文を書いて
ふりかえり。

シェアリング。

f:id:kab-log:20191019133717j:plain

f:id:kab-log:20191019135621j:plain

f:id:kab-log:20191019140741j:plain

f:id:kab-log:20191019141146j:plain

 

『いのちの寺子屋
の素晴らしさは
主催者の吉田さんの記事を
是非、ご一読ください。

 

kurulikura23.hatenablog.com

 

 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

絶対に儲かる方法、教えます。

今日は福岡大人塾。

 

f:id:kab-log:20191015202850j:plain

 

10月のテーマは「情報発信力」。

「参加者8名で、よく情報発信とか語れるな!」
という声も聞こえてきそうですが
全くそのとおり(笑)。

でも
福岡、北九州、糸島、久留米、八女
佐賀、長崎、熊本、大阪2校
とやっていたら
参加者がバラけても
ある意味、仕方ないのです(きっぱり言い訳)!

 

さて、個人で仕事をしていると
情報発信力の重要性を
痛感しているはずなのですが
よくやってしまうのが
facebookには何気ない日常を
 いくらでもupしていい。
 でも、blogはしっかりとした
 記事を書かなければならない」。

 

SNSをどう使うか
blogをどう使うかは
100%個人の自由です。

 

そうそう、
昔は、『SNS活用セミナー』
みたいな感じで
「まず、5000人友達作って
 あとは自動的にフォロアーに回るので
 それがブランディングになります」
とか
集客して
「この会場にいる参加者全員と友だちになって
 お互いの記事に、いいね、しましょう」
なんてことやっている人たちがいたけど
淘汰されましたね。

こういうビジネスモデルです。

「絶対に、儲かる方法教えます」
「教えて下さい」
「絶対に儲かるのでタダではダメです」
「いくらですか?」
「500円でいいです」
「500円でいいんですか?」
(支払う)
「私が言ったことを100人にやりなさい。
 50000円儲けます」

 

『花見酒』という落語もあります。

 

仲のよい兄弟分。
お金はありません。
兄貴分が花見をしながら
「湯呑み一杯の酒を五銭で売って儲けよう」
と言います。
酒屋で、絶対に儲けるから
必ず返すからと
「三升の酒」「酒樽」「五銭」
を借り、酒樽を担いで
向島へ向います。

弟分は朝から何も食べてなく、
酒のいい匂いが漂って来るので我慢が出来ません。

兄貴分は
「それならさっき酒屋で借りた五銭で買って飲めばいい」
と言います。

そうか!と、
弟分は兄貴分に五銭渡し、
湯呑みに一杯ついで美味そう飲みます。

見ていた兄貴分も飲みたくなって、
今もらった五銭で一杯飲みます。

こうなると止まりません。

お互いに五銭づつやりとりし、
一杯づつ飲み続け
向島に着く頃には酒樽は空に、
二人はへべれけに酔っ払ってしまいました。

 

酒樽を降ろし、店開きをすると客が来ます。
柄杓で樽の中をすくいますが
当然、酒は入りません。
客が樽の中をのぞくと空っぽでした。
怒って客は行ってしまいました。

 

全部売り切れたので
売上げの勘定をしようと金を出すと、
五銭しかありません。

「三升の酒が売り切れて
 五銭とはどういうわけだ。
 おかしいじゃねえか」

「どういうわけって、
 はじめにおれが五銭で買って一杯飲み、
 次に兄貴が五銭で買って飲み、
 おれが買って飲んで、
 兄貴が買って、
 おれが買って、
 やっているうちに売り切れたんじゃねえか」

「ああ、そうか、勘定は合っているし、
 安い酒も飲めた。
 してみりゃ無駄はねえや」

 

ね。 

 

お互いのタコの足を食い合っているような
そんな上辺だけやり方では
うまくいきません。
すぐに淘汰されていきます。

 

facebook
push型なので
「友達の家に土足で上がり込んで
 『見て、見て~』と言っているようなもの」
だし
フロー型なので
「いくら頑張って毎日、記事をupしても
 過去の記事は全く価値がなくなるもの」
なのです。

 

で、大人塾参加者なら
「このblogのタイトルの付け方!」
とか
「あ、これがフックかぁ~」
とか
「この記事を書くために
 落語まで調べるんだ~」
とか、いろいろ腑に落ちるはずです。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

佐藤家の普通の一日

10/14(月・祝)は
昼からお友達家族を招いてのBBQパーティー

 

おとちゃんは
コッコとシマとおしゃべり。

 

f:id:kab-log:20191014095427j:plain

 

パパは、とらじろうと
火をおこしながら
青空のもと
スパークリング・ワイン

 

f:id:kab-log:20191014110251j:plain

 

とらじろうが
かぼすが大きくなって黄色くなっとるよ~
というので収穫。

 

ちなみに、このカボス。

www.goshisato1973.info

f:id:kab-log:20191014110445j:plain

 

さ、焼こう。


牛ステーキを塩コショウで味付けして
カボスを振り
あっさりと。

 

f:id:kab-log:20191014111606j:plain

 

あとは焼き続けたり
炭火料理を作ったりして
写真を撮るのも忘れました。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

神幸祭、「ふりこみ」の意味論

f:id:kab-log:20191013090655j:plain

行列の子ども達は、
浜辺にある「番所」と呼ばれる場所に行き
昼食。
(ここで、漁船によるパレードをながめます。
 今年は台風のため中止)

 

www.goshisato1973.info

 

その昼食も、以前は
「女性の会」が
大入公民館で
朝から、かしわ飯と
大入伝統の「串刺し」を作っていたのですが
ここ数年で
買ったお弁当に変わったそうです。

 

「串刺し」とは
唐揚げ、きゅうり、かまぼこ等が
その名の通り串刺しにされています。
その切り方、順番にルールがあるのです。

 

校区の体育祭も無くなったし
ということは
あの串刺しが、作られ、食べられることは
もう無いのかも知れません。

 

女性の負担軽減、わかります。
だけど、地域の伝統文化を
以下に残していくかも
本当に重要な課題です。

 

さて、子どもたちは
昼食を食べて大入に戻り
小休止して
年長組は「ふりこみ」に回ります。

 

各戸を訪れ
「安全、安全、大安全」
「オイ!オイ!」
「ふりこむところは大安全」
「オイ!オイ!」
と祈念してくれます。

f:id:kab-log:20191013155032j:plain

 

で、各戸は
ありがとうございました
とお礼を渡します。

 

これを15:00くらいから
21:00まで延々と続けます。

 

子どもたちが、ふりこみを終え
公民館に帰ってくる頃には
声は枯れ
足も手もパンパンです。
「疲れた~」
と全員、倒れ込みます。

ここからが意味論です。

 

最年長組(大学生、場合によっては社会人)が
いただいたお礼を計算します。
単純に考えて3000円、100戸なら
30万円です。

これでどう分配するかを
考えます。

慣例により、年齢に従った
傾斜配分になります。

 

例えば、
小学生は5000円
中学生は1万円
高校生は3万円
大学生以上は5万円、とか。

 

年齢の低い順から
奥の部屋に呼ばれ
お金を受け取ります。

 

「ありがとうございます!」
「おつかれさん!!」
となるわけです。
これで、農村特有の
上下関係が形成させます。

 

また、
子どもたちの中で
「早く中学生になりたい」
「早く高校生になりたい」
という意識が芽生えるわけです。

 

そもそも、あの衣装を
「早く着たい」からスタートします。
行列の沿道には
同級生の中学生女子、
高校生女子が
おしゃれして見に来てくれているわけです。

 

こうやって
「ずっと神幸祭に出よう」
と思うわけです。

 

こうやって
お祭りを軸に
地域は「タテの関係」を作りながら
持続性を保証してきたのです。

 

 とらじろうが
衣装着て、
「ふりこみ」はじめたら
感慨深いだろうな。

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

神幸祭2019

今日は神幸祭

 

とらじろうが
初めて神幸祭に参加させてもらったのは
幼稚園の時。

www.goshisato1973.info

 

昨年は
とらじろうの骨折、脱臼でさんかできず。

 

今年は「大筒」として参加。

8:00、公民館集合。

f:id:kab-log:20191013075415j:plain

 

お神酒とナマスをいただき

f:id:kab-log:20191013075632j:plain

 

行列のスタート。

f:id:kab-log:20191013083614j:plain

f:id:kab-log:20191013083511j:plain

f:id:kab-log:20191013085207j:plain

 

大入白山神社でお参り。

f:id:kab-log:20191013090112j:plain

 

記念撮影。

f:id:kab-log:20191013090631j:plain

 

それから、また(福井の)白山神社まで行列。

f:id:kab-log:20191013091005j:plain

f:id:kab-log:20191013092455j:plain

 


大入神幸祭2019

白山神社、お参り後は
他の地区と合流して
大行列。

 

f:id:kab-log:20191013104307j:plain

f:id:kab-log:20191013111127j:plain

f:id:kab-log:20191013111623j:plain

 

f:id:kab-log:20191013111140j:plain

f:id:kab-log:20191013111807j:plain

f:id:kab-log:20191013111908j:plain



ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓

ダウン症33歳の、ウッチーの仕事と未来を作る!

「動画の学校」をはじめ
いろんなことをご一緒させていただいている
ママによる動画製作会社、トリプル。

 

そのトリプルで
ダウン症33歳ウッチーが、動画編集を学び始めました。

 

f:id:kab-log:20191005161941j:plain

 

是非、この記事を読んでください↓

owndouga.com

 

ダウン症って、1/1000の確率で
誰にでも起こりうることなんです。
ウチの子がそうなったかもしれないし
あなたの子どもがそうなったかもしれない。


(ウッチーとはまだ直接話していませんが)
ウッチーのお母さんは
ウッチーを強く強く育てたそうです。

特別支援学校、特別支援学級にいれず
小学校、中学校、高校すべて
普通校の普通クラス。


当然、いじめられたりもしたそうです。

高校卒業後は
コールセンター等で
昼も夜も働いて
(すごくタイヘンらしいのですが)
ちゃんと給料をもらえているので
障害者手帳も返納したそうです(驚)

 

でも、不安はあるし
夢もある。

 

 

ゴーシ先生、
ウッチー応援したくなった。

 

で、こんなことを
思い描きました。

 

まだまだ、技術的には未熟かもしれないけれど
ウッチーにお金を払って
動画編集をしてもらおう。
ウッチーが仕事として動画編集をする
その第一歩を前倒しで創ってあげたい。

 

そして、それは
ウッチーとゴーシ先生の二人で
完結させたらダメで
いろんな人を巻き込みながら
大きなムーブメントにしたい。

 

そこで思いついたのは
起業ママのお仕事紹介動画を
ウッチーに撮影してもらい編集してもらおう。
そしてyoutubeにupする。

 

起業ママにとっても
メリットはあって
普通に動画編集会社に頼んだら
3万~5万円かかるところを
ウッチーには技術的にまだまだ未熟なので
格安でやってもらう。
(お金をもらいながら学ぶ感じ)


しかも、ウッチーは
超ピュアなので
お話すると、みんな泣いちゃうらしい。

 

そんな人に編集されたいじゃん。
しかも、上述のblogで紹介してくれるはず。

逆に、ママたちが
「ウッチー、ありがとう~」
ってなって紹介してくれたら
ウッチーの価値も高まるよね。

 

という提案を
トリプル代表の開地さんにしたら即決。

 

決まりました。

 

  • 起業ママのお仕事紹介動画製作します。
  • 撮影・編集者:ウッチー(33歳ダウン症)。全力でやります。
  • 撮影場所:トリプル事務所(福岡市中央区高砂)。
  • ゴーシ先生がインタビューしてあなたのお仕事の魅力を引き出します。ゴーシ先生は完全ボランティアです。
  • 撮影時間:最大30分程度。
  • 編集内容:ムダな時間をカットしたり、字幕を入れたり、インサート画面、エンド画面を入れたり編集します。テレビレベルの編集です。
  • youtubeは基本的にゴーシ先生のチャンネルにupします(アクセス数が多いので)。自分のチャンネルにupしたいという方は、データをお渡しします。
  • 価格:8000円

まず、すっげー格安だと思います。

 

それだけじゃない。

 


ママがウッチーの未来のためにお金を払い
ウッチーがそのママのために全力を尽くす。
その輪が広がっていく
そんな仕組みを一緒に作りたい。

 


1回めの撮影は

  • 日時:11/22(金) 10:00~12:00
  • 場所:トリプル事務所(福岡中央区高砂
  • 募集人員:最大4名

 

自分の子どもに障害があったとして
自分は子どもより先に死んでしまう。

とすれば
自分が残すべきものは
お金じゃなくて
応援してくれる仲間だと思うんだよ。

 

それを作りたい。

 

応援してくれる方は
ゴーシ先生まで
メール
メッセージください。 

 

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

8:00に配信、ゴーシ先生のLINE@↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓