「竹下和男先生 感動食育講演会『弁当の日』」、終了!

今日は
竹下和男先生 感動食育講演会『弁当の日』」


f:id:kab-log:20200926144741j:plain

 

本当なら
「めちゃくちゃ盛り上がりました!」
という記事を書きたいところだけど
正直、無事開催できてよかった。。。

 

このコロナ禍
人が集まりすぎてもいかず
でも、参加者が少なすぎるのは…

 

みたいなジレンマ。

 

ソーシャルディスタンスを保ちながら
会場を埋め
かつ、盛り上げるって難しい。。。

 

でも、会場には
このコロナ禍でなかなか会えなかった
懐かしい仲間や
あの御大まで駆けつけてくれて
本当にありがたかったです。

 

f:id:kab-log:20200927065615j:plain

 

 この7ヶ月間
自分自身の講演もすべてキャンセル
プロデュースするイベントもすべて中止。

 

久しぶりにやって分かったのは
「やっぱ、俺、コレや」

 

人前に立ってお話するのも
裏方として会場設営するのも
プロヂューサーとして
イベントをまわすのも
めちゃくちゃ楽しい。

f:id:kab-log:20200927072446j:plain

 

お話の一部をちょい見せ↓

 

youtu.be



 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

いよいよ明日!

今日(9/25)は14:00から
志摩中学校で竹下和男先生の講演。

 

f:id:kab-log:20200925140431j:plain

 

そして、いよいよ明日は!

www.goshisato1973.info

 

今日の講演の様子をちょい見せします。

 

youtu.be

 

この動画を見て
「もっと聞きたい!」
と思った方は、是非、会場に足をお運びください。

 

当日参加も大歓迎です。

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

食育仲間と!

24(木)の夜は
竹下和男先生、今井一彰先生をはじめ
錚々たる食育メンバーで
なにわ寿司で懇親会。

 

f:id:kab-log:20200924184444j:plain

 

そう言えば、
コロナが問題になった2月下旬以降
飲みに出るのなんて7ヶ月ぶり。

それにしても
そこで交わされる会話が面白すぎました。

 

 

まず、免疫力について。
ウイルスが蔓延する環境にいても
病気になる人と
病気にならない人がいるのはなぜか。

 

これは、鼻腔の体温が影響するというエビデンスがあるらしいです。
当然、体温が高いほうが病気になりにくい。
だから、鼻腔の体温を高めればいい。
そのためにはどうすればよいか。

 

まず、よく噛むこと。

寒くなるこれからの季節は
マスクも特に、有効です。
しかし、マスクをしていても
口呼吸だとダメ
だから、マスクをして、ガムを噛んでおく。

 

そうすれば、鼻呼吸になるし
しかも噛む効果も。

 

さすが今井先生。

 

ゴーシ先生は
冬用に温かいマスクを作れば
売れるかも、とか考えていました。

 

 

それから、竹下先生の活動の原点が
学生運動」にあったことも初めて知りました。

学生運動の失敗の経験から
このやり方ではダメだと学んだ竹下先生は
「弁当の日」というやり方を思いついたそうです。

 

そうしたら、同じように学生運動を経験したある人
からこんなことを言われたそうです。
「根本は学生運動なんだよ」

 

そんな話を聞きながら
「なるほど!」
と思いました。
それは竹下先生とゴーシ先生の違い。

 

竹下先生の信念は
「社会をより良くしたい」。
ゴーシ先生にそんな信念はありません(笑)。

 

「より良く」のベースとなるのは
「正解」や「正しさ」です。

ゴーシ先生は
これだけ価値観が多様化しているので
明確な正解がない問題が多くなってきていると思っていて
そんな成熟社会に必要なのは
「納得解」です。
みんなが「いいね」って言ってくれる解。

 

そして、「正しさ」だけでは
人は動かないとも思っています。
人が正しさだけで動くならば
アルコールや薬物の問題も
不倫の問題も起きないはずです。

 

だから、ゴーシ先生は
「すげー」「面白そう」「かっこいい」
とかいう感性や
「幸せ」「楽しい」
という価値観に訴えます。

 

そんなことを延々と語り続け
気がつけば5時間。。。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

フライパン2枚で作る広島風お好み焼き

絶望して
疲れ果てて家に帰ってきたら
「食材買ってきたけん
 広島風お好み焼き、作って」

 

…はい。。。

 

島風
大阪風より
断然手間がかかるし
鉄板やホットプレートがないと難しい。

 

そこで、シミュレーションを重ね
フライパン2枚(3枚)でできる
島風お好み焼きの
作り方を考案しました。

 

まず、一つのフライパンで
麺を炒め、ソース(焼きそば、お好み)で
味付けをします。

 

f:id:kab-log:20200923174317j:plain

 

フライパンがない場合は
これを他のお皿に取り分けておきます。

 

フライパン(小)で
薄力粉を水で溶いた生地を
薄く伸ばして焼きます。
剥がれやすいように、油は少し多め。

 

f:id:kab-log:20200923174746j:plain

 

その上に
鰹節をのせ…

 

f:id:kab-log:20200923174825j:plain

 

千切りしたキャベツをのせ…

 

f:id:kab-log:20200923174838j:plain

 

豚肉をのせ

 

f:id:kab-log:20200923174920j:plain

 

生地を少しかけ
これを
油をひいて熱してあった
フライパン(大)に
一気にひっくり返します。

 

f:id:kab-log:20200923175136j:plain

 

しばらくしたら
そのとなりに
焼いて味付けしてあった
麺を投入。

 

f:id:kab-log:20200923180002j:plain

 

その麺の上に
お好み焼きをのせます。

 

f:id:kab-log:20200923180352j:plain

 

フライパン(小)に
卵を割り、くずし、焼きます。

 

f:id:kab-log:20200923180308j:plain

 

その上に、お好み焼きをのせ
焼き、いい具合のところで
ひっくり返して、お皿に。

 

f:id:kab-log:20200923180720j:plain

 

我ながら、完璧。
あとは、各自、
お好みソース、マヨネーズ
鰹節、青のりをかけてどうぞ。

 

子どもたちに
「美味しい?」
って聞いたら
「フツー」
フツーのお好み焼きより
手間がかかるんよ
と言ったら
「じゃ、フツーのお好み焼きでいい」

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

日本デジタル化(笑)

九州大学では
コロナ禍対応、働き方改革として
リモートワーク、テレワークが推奨されています。

 

9/23(水)、朝一で大学に行き事務作業。

 

一番の理由は「賞状づくり」。

ナフコに行き
『賞状台紙』を書い
文面をアップデートして
プリントアウトし
押印する
というそれだけの作業なのだけれど
これがなかなかタイヘン。

例えば、他研究室の院生なので
男性かも女性かもわからず
「Ms」なのか「Mr」なのか…

 

最終確認した上で
なんとか完成させ
プリントアウト、押印し
部門長に提出したら
しばらくたって

「〇〇を修正してください」

 

って、最終確認した後やろ!

 

そもそも、ゴーシ先生からすれば
こんなナフコで売っているような賞状に価値なんてなくて
受賞したという事実が大事。
とすればpdfでも全くOKなわけです。

 

しかし、前例主義、既得権益、縦割りの
大学では、こういうことになります。

それと並行して
経理係、庶務係とある事務手続き。

 

似たような書類を
10通ちかく作りました。
しかも、「自署」「押印」。

 

3階と8階を何度往復したことか。。。

 

事務職員に言ってもしようがないのだけれど
一応言ってみました。

「自署、押印ってどうにかなりませんか?」
「私も、本当に困っているんです。
 リモートワーク、テレワークが勧められているのに…」

 

そうですよね。

 

日本の最高学府の九州大学でも
こんな感じ。

 

これは、なかなか
デジタル化は難しい。

 

しかも、くだらない部分だけ
デジタル化して
事務作業が増えるという…

 

www.goshisato1973.info

 

www.goshisato1973.info

 

結局、アナログか、デジタルか、
というより
誰が責任を持つか
ということなんだと思います。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

今日のゴーシ飯:カルボナーラ

朝からヨメが「友達と遊びに行ってくる」とかで不在。

というか、この4連休の3日間は不在。
当然、子どもたちの食事作りはゴーシ先生担当に。
(というか、この4連休、
 朝昼晩12食、すべて作ったんじゃないか?)

子どもたちと一緒に
スーパーに買い出しに行き
昼ごはん、何が食べたい?
と聞くと
「なんでもいい」。

 

じゃ、
うどんか
焼きそばか
ちゃんぽんか
パスタならどれがいいと聞くと
(少しでも野菜を食べさせたいので
 ソーメンは選択肢になし)
「パスタ!」
と即答。

 

トマトソース、クリームソース、オイルソース、和風ソース
どれがいい?
と聞くと
カルボナーラ!」
「卵を和えるんじゃなくて
 トロトロのをのせてほしい!」

 

了解です。

 

ベーコン、タマネギ、人参、コーンを炒め

 

f:id:kab-log:20200922111717j:plain

 

パスタの茹で汁を投入し
コンソメを溶き
牛乳を投入。

塩コショウで味を調整。

 

湯がいたパスタを投入し
とろけるチーズを投入。

 

f:id:kab-log:20200922112904j:plain

 

和えます。

 

お皿に盛り付け
黒胡椒をふり
作っておいた温泉卵
(鍋でお湯を沸騰させ
 火を切り、卵を投入し約10分間)
をのせて完成。

 

f:id:kab-log:20200922113237j:plain

 

二人とも
最初は、温泉卵を溶かず
途中で溶いて
味変をし
「やっぱ、ありだな~」
「でも最初はなしであっさりと
 最後はありで濃厚に」
とか言ってる。

 

パスタ、300g湯がいたのですが
子どもたちだけで250gは食べたな。。。

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)

流行りの音楽

バンドをやって
しかもコテコテのロックだったので
「流行りの音楽なんてカンケーねーよ」
とか思っていて
ワンオクも
米津玄師も
あいみょん
髭ダンも
しらず。

実際に、聞いてみたら
その才能に圧倒され。

 

フジファブリックさえ知らなかった。

最近この曲が
頭の中でずっとリピート。

 

www.youtube.com

 

しかも、新しい才能は
次々と芽生えているようです。

 

全然、知らないけど。

 

YOASOBI。

www.youtube.com

 

ヨルシカ。

 

www.youtube.com

 

こういうのが流行っているのだなぁ。

 

ゆずもこんな曲、出してるし。

www.youtube.com

 

こんな曲調の中で
昭和歌謡はバズらないな。。。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

ゴーシ先生のonline salon ←クリック

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)