作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

痴漢のニュースから、依存症を脳科学的に解説する記事になった

電車内で女性の体を触ったとして、警視庁の30代男性警部補が東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。逮捕当時、男性警部補は酒に酔っており、「触っていない」と容疑を否認していたという。

捜査関係者によると、男性警部補は亀有署交通課の所属。1日午後11時40分ごろ、東京都世田谷区内を走行中の小田急線車内で、20代女性のおしりを触った疑いがある。近くにいた女性の知人男性が成城学園前駅で警部補を取り押さえ、駆けつけた警察官に引き渡した。

電車内で痴漢容疑 警視庁の警部補を逮捕 容疑を否認:朝日新聞デジタル

 

なんで警察官が痴漢?
と思うでしょうし
「おしりを触る」くらいで
性的な満足は得られません。

でも、実際にこういう人が存在します。

 

痴漢を衝動的に繰り返す人
やってはいけないと思っているのに
やめられない人は
「パラフィリア(性嗜好)障害」の中の
「窃触障害」に分類されます。 

 

のぞきもパラフィリアの一種で
「窃視症」と言われます。

 

また、
「お金を持っているのに万引きしてしまう」
「有名人が万引きで捕まった」
という事件がたまに報道されますが
それは「窃盗症(クレプトマニア)」なのかもしれません。

 

いずれも依存症です。
自分の意志ではどうもできない
病気です。

 

普通の感覚からすれば
「お金があるなら買えばいいのに」
「そんなリスクを犯すなら
 風俗に行ったほうが性的満足感は得られるのに」
と思ってしまいます。

でも、違うのです。

 

「悪いことやってる」
「バレないでできるだろうか」
というときって
メチャクチャ緊張して
体がドクンドクンします。
で、うまくいくと
「よかった~」
「ほっ…」
みたいな。
開放感、達成感、満足感。

小学生の頃
従兄弟の部屋で
お兄ちゃんが一瞬いなくなる間に
Hな本を盗み読みしていた
あの感覚(笑)。

 

そのときに
ドーパミンという快楽を司る
脳内物質が出まくるのです。

 

たかが、脳内物質と侮るなかれ。

 

覚醒剤は、覚醒剤自体に依存性があるわけではありません。
簡単に言うと
覚醒剤アンフェタミンメタンフェタミン等)を接種すると
ドーパミンの量を急速に増加させます。
逆に覚せい剤がないと、
ドーパミンが出にくくなり
ドーパミンによる快楽を求めるあまり
また覚せい剤に手を染め
薬物依存に陥ると言われています。

 

ちなみに
ドーパミンは、楽しい経験をしているときは、
誰の脳でも分泌されます。
そして、ある程度抑制が働き、
ドーパミンが出過ぎることはありません。

 

しかし、ストレスが強くかかる状況下では
脳のドーパミンシステムが異常に活性化されます。
そうして、ドーパミンに対して耐性が生まれ、
もっと強い刺激を欲しがるようになります。

 

これが依存症の脳科学的な原理。

 

さて、依存症には
スポーツ依存や学習依存、等もあります。

が…
長くなってので
別記事に。

www.goshisato1973.info

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)