作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

エンプティ・チェア

www.goshisato1973.info

 

のつづき。

じゃ、まず
エンプティ・チェア
でもやってみるか。

 

「エンプティ・チェア」は、ゲシュタルト療法の一つ。
ゲシュタルト療法とは、
解決できてない問題や悩みに対して、
再体験を通しての
「今ここ」での「気づき」を得る心理療法
「エンプティ・チェア」は、現在では、
カウンセリングやコーチングなどでも、
広く取り入れられています。

 

用意するものは椅子。
1つでもいいし、2つあればなおよし。
2つの場合は向かい合わせて配置。

片方の椅子にあなたが座り
反対側の椅子に「その人」を座らせるイメージ。

 

f:id:kab-log:20220312082646j:plain

 


①「その人」にその人に対する不満や言いたいこと、疑問をぶつける。
②次に、反対側の椅子に座り、今後はその人なりきって、あなたがぶつけた不満や疑問に答えます。その人も、あなたに言いたいことがあれば、言ったり、質問したりします。
③1人で一人二役をこなし、これを繰り返します。

 

例えば、「その人」を母親とします。

「なんで、そんなに『言うことを聞け』っていうの!
 私はあなたのおもちゃじゃないのよ!」
「あんたに幸せになってほしかったからよ」
「全然、幸せじゃない!」
「大学にも行って、就職もして、
 結婚もして、子どももいるじゃない。幸せよ
 私は大学にも行ってないんだから」
「でも、私の心は、お母さんに縛られてる!
 まだ逆らえない!」
「それは、ごめんなさい。
 でも、お母さんも初めての子育てで
 よく分からなかったし
 教育の専門家でもないし。
 お父さんは、何もしてくれなかったし」
「そっか。でも、私は苦しんでるの!」
「じゃぁ、お母さんはこれからどうすればいい?」
「私のことを尊重して!
 一方的に押し付けないで!
 ちゃんと受け止めて!」
「わかった。
 でも、お母さん、こんな性格でしょ。
 もう、こんな年だからうまく変えられないかもしれない。
 できないときはゴメンね。
 その場合、あなたはどうする?」
「そう思って、諦める。
 無視する。
 ところで、お母さんは私のこと
 大切に思ってるの?」
「あたりまえでしょ。
 大切に思ってないと
 育てられないわよ」
「…ありがと」
「こちらこそ、ありがと」

 

端から見れば 茶番!


だけど、
親に言いたいことも言えない
という人にとっては
言葉にして概念化できるし
カタルシス効果があるはず。

 

悩んでる暇
苦しんでいる時間があるなら
やってみなはれ。

 



 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)