作家。食育研究家。九州大学大学院農学研究院助教/1973年、大分県生まれ。農学博士。/年間の講演回数は100回を超え、大人向け学びの場である「大人塾」「ママ塾」「mamalink塾」等も主宰/主な著書に『いのちをいただく』『すごい弁当力!』『食卓の力』など、いずれもベストセラー/新聞掲載、テレビ・ラジオ出演も多数


official web: http://goshisato1973.com/


佐藤剛史の著作一覧


佐藤剛史への講演依頼


佐藤剛史の講演のサンプル動画


佐藤剛史への連絡は→goshisato1973@gmail.com

友だち追加

これからの人生を農園経営に例えてみる。

例えば
人生という
一坪の土地を与えられたとします。

 

f:id:kab-log:20220221183745j:plain

 

ここに何を
植えて育てようが
自分の自由です。

 

で、これまでは
大きく実がなりそうな木を植えて
すべて摘果して
一つだけ大きく育て
それをお金に変え、生きていました。

 

f:id:kab-log:20220221185358j:plain

 

一番わかりやすいのが
オリンピック選手
プロスポーツ選手
将棋の藤井さんとか。

私達、一般人でもそう。

 

いい高校にいって
いい大学にいって
大手企業に入社して
頑張って勤め上げ…
みたいな。

 

しかも
それを親が勝手に植えちゃう。
「あなたは、これをやっておけば
 幸せになれんだから」
みたいな。
土壌の性質も
苗の性質も
よっくわかってないのにね。

 

これが大問題。

 

加えて、
日本型雇用は崩壊し
デフレだし
グローバル化は進み
もうそんな時代じゃありません。

 

 

一つの実に頼るとか
リスクが大きすぎる。

 

可能性のある実を
いくつか残しておいて
適度に大きく育て
それをトータルとして
お腹いっぱい食べるほうがいい。

f:id:kab-log:20220221190426j:plain



もっと言えば
木は小さくなるし
実も小さくなるけど
いろんな木を植えておくと
いいかも。

 

f:id:kab-log:20220221190809j:plain

リスク分散にはなるし
掛け算で
いろんな事ができる可能性がある。

 

だけど
実は小さいので
マネタイズは難しい。

 

ゴーシ先生なwww。
いろいろやりすぎて
実が小さすぎる。

 

 

 

 

 

 

youtube、チャンネル登録、お願いします

 

不定期8:00に配信、ゴーシ先生のLINE公式↓
友だち追加

この記事に、いいね!
と思った方は是非、読者登録を↓(blogを更新するとお知らせが届きます)